Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 県交流戦/MHPS-桐蔭横浜大

やってまいりました、横須賀スタジアム。
グラウンドではMHPSがノック中。それを見つめる背中は、大野享輔投手と本多裕哉投手です。

190814-01.jpg


190814-02.jpg今日のスタンドは日陰で35度。日体大戦や駒大戦よりは涼しいですね(笑)。
午前中や7回裏に通り雨がザアッと降ったりして、湿度はかなり高めです。

190814-03.jpg三塁側では控え部員たちが、リズムに合わせてメガホンで応援。行きの京急で一緒の車両だった学生さんたちも、この中にいるのかな。

三菱日立パワーシステムズ-桐蔭横浜大。スタメンです。
先発マウンドは、MHPS・浜屋将太投手。桐蔭横浜大・菊地大稀投手。2年生。

190814-04.jpg

190814-05.jpg     190814-06.jpg

190814-07.jpg1・2回は無安打の桐蔭大。
3回裏、先頭の霜田渓選手がレフトオーバー二塁打で出塁。犠打で三進。ワイルドピッチで1点先取。0-1
さらに二三塁のピンチとなりますが、ここはしのぎます。

3回まで無安打のMHPS。でも取られたらすぐ取り返します。
4回表。桐蔭大は大島嵩輝投手に交代。1年生のようです。
久保晧史選手がライト前ヒット。加治前竜一選手が四球で2死一二塁。

190814-08.jpg二橋大地選手のレフトオーバー二塁打で久保選手生還。1-1の同点です。

190814-09.jpg   190814-10.jpg

190814-11.jpgさらに久木田雄介選手のタイムリーで加治前・二橋選手が相次いで生還。3-1とあっさり逆転しました。

190814-12.jpg4回裏。桐蔭大は渡部健人選手が二塁打・ワイルドピッチで三進するも、ピッチャーゴロでランダウンプレー。
さらに、仕掛けられた盗塁も平野智基捕手が刺しました。

5回表。桐蔭大は土合伸之輔に交代。矢野幸耶投手に頭部死球の後、八戸勝登選手はサード頭上を越える技ありのヒットで一二塁。

190814-13.jpg   190814-14.jpg

常道翔太選手が送った後、久保選手のタイムリーで矢野選手生還。4-1
さらに牽制悪送球の間に八戸選手生還。5-1

6回裏。ヒットと二塁打で2死二三塁となりますが、レフト前のフライを河野凌太選手が好捕。皆にハイタッチで迎えられます。

190814-15.jpg   190814-16.jpg

7回表は四球3つで無死満塁。代打・塩見泰史選手の犠飛で6-1
8回表にも四球3つで無死満塁。今度は成田昌駿選手の頭部死球で押し出して7-1。代打・佐々木玄選手の内野ゴロの間に久木田選手が還り、8-1

その裏、浜屋投手が3者凡退に抑え8回コールドとなりました。浜屋投手は昨年に続き完投です。

190814-17.jpg

5安打で8点。7回8回は無安打での得点です。
ただ打順も良かっただけに、もっと点を取ってもらいたかったですね。鶴田翔士選手の打席なんて、満塁ホームランを期待したのに(笑)。

三菱日立パワーシステムズ 8-1 桐蔭横浜大 8回コールド
http://www.jaba.or.jp/score_book/5/50100/25572.html


明日13時からJX-ENEOSと決勝戦。
県交流戦では、昨年負けているし、その前の対戦はコールド負け。分は良くありません。
台風は西日本直撃だそうで、明日の甲子園は順延だとか。横須賀の天気はどうでしょうね。

ちなみに神奈川県野球交流戦の歴代優勝チームはこんな感じです。
2013 関東学院大
2014 JX-ENEOS
2015 横浜DeNAベイスターズ二軍
2016 JX-ENEOS
2017
 雨天打ち切り
2018 横浜DeNAベイスターズ二軍




コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages