Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 グラウンドの気温

今日も今日とて暑いです。
巷は盆休みということで休日ダイヤのつもりでいたら、JRは平日ダイヤ。けっこうな乗り継ぎ時間ロスで、着いたらキャッチボールも終わるころでした。

ノックで守備位置に散る選手たち。

180813-01.jpg


180813-02.jpg外野手にノックバットを振るうのは、後藤隆之監督。珍しい。
晴れた空にボールが吸いこまれていきます。

180813-03.jpg先日はスタンドの温度計測をしたので、今日はグラウンドの温度を測ってみましょう。
10時頃、芝生上は42度でした。意外と熱い。
芝生と土の上ではどちらのほうが暑いんだろうかと、高安健至コーチと気温談義。その答は最後尾に。

180813-04.jpgベンチ前にはウォータジャグ。水分補給は大事です。この一角だけは涼しげ。

奥村政稔投手の投球と、その球筋を見る河野凌太選手。

180813-05.jpg


180813-06.jpgスタンド裏の通路には飛ばされてきた土が積もってましたが、高橋保さんが何日かがかりできれいに掘り集めてくれました。もと管理人の安斉さんがお手伝い。おふたりとも玉の汗の奮闘でした。

180813-07.jpgそういえば、スタンド前方の排水路も土で機能しなくなっているのが長いこと気になっていたのですが、ここも今年はすっかりきれいになってます。どなたがやってくれたんだろ。

180813-08.jpgそれにしても暑い。日向で立ってると熱中症になりそうで、三塁側ベンチ脇の日陰に避難避難。
今日は撮るより、ここから見ている時間のほうが長かったです。この猛暑の中で練習できる皆ってすごい。

180813-09.jpg昼すぎ。直射日光が当たるところを目線の高さで測ってみたら、37.5度くらい。風邪ひいて微熱という感じの気温ですね。息苦しいくらいの暑さです。
ちなみにこの鉄網は熱を帯びてませんでしたので、温度計に影響なし。

180813-10.jpg日陰は34度。体温より低いと、やはり少しホッとします。でも34度でホッとするって、異常この上ない(^^;

荒川一輝投手に37度の温度計を見せながら、気温談義。
「朝、芝生で測ったら40度だったよ」
「本当ですか。じゃあ今なら50度あるんじゃないですか」
50度って、あなた。ヤケドしますがな(笑)。

180813-11.jpg朝でも既に暑かったしと思いながらも、一応また芝生の上で測ってみたら45度。50度とはいかないけど、また少し上がってます。

180813-12.jpgやや湿った土の上は41度。
「夏の乾燥した地表では、土より芝のほうが平均3度低い」 という論文を見つけました。言い換えると、乾燥している土のほうが3度高い。そういう意味でも、グラウンドの水まきは温度を下げるのに有効ということでありましょう。

芝地と裸地との地表温 CiNii
https://ci.nii.ac.jp/els/contents110004658622.pdf?id=ART0007384610(PDF注意)



コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages