Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 東芝と三菱重工

日曜の朝は、神奈川新聞の書評欄をのんびり読むのが好きです。
そんな中で以前興味を引かれたのが、『東芝の悲劇』。東芝を窮地に追いこんだ歴代経営者について書かれているとか。

180624.jpg我が家の家電はほとんどが東芝製。旅に出ても東芝製品があちこちに。
日本を代表する電機メーカーだった東芝が、どうして上場廃止の崖っぷちに追いこまれたのか。どうして名門野球部が危機にさらされないといけなかったのか。

東芝に対する親しみと、会計に携わる者としての関心もあり、この本を手にしました。そしてこれを皮切りに、東芝問題について書かれた書籍も何冊か読みました。
東芝上層部に官僚も絡み、問題の根は単純ではなさそうです。

さらに興味深かったのは、例の原発メーカー・ウェスチングハウス(以下WH)買収を競ったあたりから、三菱重工の話題も散見すること。
原発の方式には、GE・東芝・日立などの沸騰水型方式と、アレバ・WH・三菱重工などの加圧水型方式があるのだそうで、東芝は別方式も傘下に収めることでグローバル展開したかったけれど、いかんせんWHは東芝の手に負えず…。

手に負えなくなったWHを、経産省が今度は三菱重工へ買収を打診したが宮永社長が断ったという話は、ちょっと意外でした。いや、株主総会でお見かけした感じでは、物腰は柔らかいけれど何となくとらえどころのない印象だったので。もちろんそういう毅然さがなければ、企業トップになんてなれないのは当然ではありますが。

もし最初から、三菱重工がWHを手に入れていたらどうだったのでしょう。三菱ならうまくコントロールできて、さらなる発展を遂げていたのか。それとも震災以降の原発需要急降下で、同じように窮地に陥っていたのか。
原子力にせよ、火力にせよ、風力にせよ、エネルギー問題は難しいものがありますねえ。いずれにしても、東芝の窮地は他人事ではないなあと思いました。

そういえば、神奈川の企業3チームはどれもエネルギー関連企業ですね。



コメント

業態転換

三菱が横浜で船を造っていたなんて今は誰も信じません。えらい苦労があったわけですが、野球部が拠り所になったと思います。

>ビンさん
祖業のままで生き残るのは難しい時代ですねえ。
管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages