Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 三菱横浜の2013年を振り返る

今年もあとわずか。恒例、三菱重工横浜の今年を振り返ろうと思います。

今年の冬は、グラウンドコンディションがイマイチでした。
1月下旬におこなわれた少年野球教室も、霜で土の部分は使えず。

野球教室


尚子ロード2月は鹿児島・徳之島でのキャンプ。
コーチ帯同された中野佐資さんの、現地レポには感謝。これもその時の1枚で、宿舎そばにある尚子ロードの石碑。マラソンの高橋尚子選手は、いつもこの付近で練習されていたのだそうです。

金沢G3月の県春季大会は、桜が満開ながら花冷え。
金沢Gでおこなわれた東芝との準決勝は、5回コールド負けでした。身も心も寒かった。

鶴田4月の日立大会では王子・TDKには勝利したものの、横断幕がズラッと並ぶ日立相手にコールド負け。2勝1敗で決勝トーナメント進出ならず。

5月は九州大会。これに勝ったほうが予選勝ち抜け──と思われた初戦パナソニック戦。
坂上真世・竹内啓人・佐々木勉選手が、1イニングにソロホームラン3発。全部レフトへの弾道が絶景でした。

坂上  渡部・竹内  佐々木

打撃戦を制してこれで3連勝いけるかと思いきや、次のhonda熊本には惜しいサヨナラ負け。その勢いのまま、honda熊本が九州大会を制しました。


瀧都市対抗予選・第一代表戦は、東芝に惜敗。
それより何より思い出深いのは、第二代表戦で金港クラブに9回裏2死あと1球まで追いつめられたこと。前田雄気選手が三振してたらと思うとゾッとします(^^;
サヨナラヒットを打った瀧諒太主将は、喜ぶというより精根尽き果てた感。金港戦は毎度ハラハラしますねー。

都市対抗は優勝候補筆頭との初戦。衆目が日本生命有利と思う中、3-3から1点勝ち越した時はベンチも嬉しさ爆発でした。松下安男監督もおっしゃってましたが、三菱横浜としては今年のベストゲームでしたね。
クラブチームにヒヤッとし、強豪との接戦はモノにするという、まあ三菱横浜らしい夏でした。

4点目


JX-ENEOSの代理で出場した北海道大会。
日立にさえ勝てばという一番ゆるいブロックで、トーナメント進出は果たしたものの準決勝で敗退。

日通日本選手権予選は、これも日本通運と3-3の互角の勝負。しかし延長戦は、ワイルドピッチであっけない幕切れでした。
今年は大阪ドームへ行くことが出来ず。


ここ何年も勝てなかった関東リーグで3連勝するなど、春先には明るい話題もあったのですが。
覇気が感じられないことも多かった1年だったように思います。まだまだ強豪ではないのに、何か勘違いしてるんじゃないかなと思う節もあったり。チーム一丸であろうという努力は見えたけど、なりきれてなかった気もします。

野球をやれることが楽しい、ひとつでも多く試合が出来ることが嬉しい──。そればかりじゃいられないのも分かるけど、あの頃のような笑顔はもう撮れないのかなと悩みながらの1年でした。

来年はまた、輝くような笑顔が撮りたいです。撮らせてください。


コメント

2013年は観ていてあまり良いことがありませんでしたね。
今年もよろしくお願いいたします。

>Fujishimaさん
何かスッキリしない試合ばかりでしたね。
今年は気分を引き締めて頑張っていただきましょう。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

佐藤さんのコメントを見ていたら、ひとこと書きたくなりましたが・・・
今年はじっと我慢する年!と、決めましたので温かく見守りたいと思います。^^:

(監督にも釘さされているからネ)

>サスケさん
自分は去年が我慢の年でした(笑)。
今年はチーム状態が上向くことを期待したいですね。
選手たちには、会った時に厳しい言葉をかけてくだされ。
管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages