Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 台風15号の爪痕 2

190914-01.jpg市大医学部駅からの途中にあるミモザが、歩道に頭を垂れてました。

190914-02.jpg幹の途中から無惨な折れ具合。そのそばで電話している人が見えるでしょうか。かなり大きく育っていたのに、台風は無慈悲ですねえ。

三菱金沢グランド前の道。フェンスの途中に、枯れ草が一列張りついています。この高さまで水が来たってこと?

190914-03.jpg

190914-04.jpg室内練習場側の閉じた入口にも、枝が押し寄せて絡まってます。この高さまで水に運ばれてきたってことだな、やっぱり。

190914-05.jpg通用門の内側には、漂着物が寄せ集められていました。

190914-06.jpgクラブハウスは、この茶色の線まで水が来た模様。
1階は土が流れこんでドロドロなので、備品を運び出して清掃中。野球部の楯やトロフィーなどの展示は、なんとか無事だったようです。
筋トレ用マシンなども海水に浸かったところは水で洗ったそうですが、サビが心配とのこと。

190914-07.jpg   190914-08.jpg

190914-09.jpgブルペンとベンチの間は整備用の砂置き場。ここにも漂着物が山。

サブグラウンドにも、小枝や砂などの漂着物が集められて山が築かれてます。その向こう側のフェンスがぐにゃりと折れ曲がり、そこから水が流れこんだことがうかがえます。

190914-10.jpg

スタンド下のゴミ集積所前には、折れた生枝やビニール袋が集められてました。袋の中には大量のボール。海水に浸かってダメになってしまったのですね。

190914-11.jpg   190914-12.jpg

バックスクリーンも、飛来物があったのか何ヶ所か破損していました。

190914-13.jpg

190914-14.jpgネット裏の金網のすきまにも、まだ小枝や枯れ草が詰まってます。とりあえず練習ができるくらいには清掃したけど、まだあちこちに残骸が。
月曜火曜はひたすら片づけ。練習ができたのは水曜の途中からだったとか。

「タコがいたんですよ!」 と、皆さん開口一番。水が引いたグラウンドに、タコやフグなどがいたのだそう。外野フェンス前に堆積した枝などの片づけが大変だった苦労話より先に、タコの話題(笑)。

190914-15.jpgベンチ横のフェンスが破れてました。どれだけ圧がかかったんだろか。

冨里悠コーチと亀川裕之コーチの間、ベンチの隅に水の跡。ここまで水が押し寄せたということらしい。せっかく掃除した側溝も、土で埋まってました。

190914-16.jpg   190914-17.jpg

190914-18.jpg芝が枯れているのではと心配しましたが、若干砂が堆積しているだけで、今のところは大丈夫。竹内啓人選手いわく、もともとの海風で芝も慣れているんじゃないかと(笑)。

外野をぐるっと歩いてみると、ライトのあたりでかなり磯の香を感じました。海水が押し寄せたことを実感。16日は雨予報ですので、芝全面張り替えなんてことにならぬように塩を洗い流してくれると良いのですけど。

190914-19.jpgスタンド下の本部席も水浸し。

190914-20.jpgブルペン方面に積もった砂を、高橋保さんと増永副部長が掃き掃除。保さんは月火と奥さまも連れて清掃に加わったとか。大変でしたね。お疲れさまでした。

190914-21.jpgあちこちに漂着物の山。これが日本選手権予選前とかじゃなくて、まだ良かったです。
いやー、皆さんお疲れさまでした。


190914-22.jpg護岸を見て帰ろうと、グラウンド横の道を海方向へ。歩道の雑草が思いきりなぎ倒されています。
昔、親戚が漁港のそばに住んでいて、夏に遊びにいくと港には魚の生ぐさい臭いが充満してましたが、このあたりにも似たような臭いを感じました。

突き当たりの右側・グラウンド裏方向の堤防は大丈夫そう。崩れた左側のほうは、土のうで応急処置中でした。

190914-23.jpg

190914-24.jpgところどころ崩れてます。遊歩道周辺は立ち入り禁止。

190914-25.jpg木が根をさらして横たわってます。こんな大木がなぎ倒されるくらいの風か、波か。

190914-26.jpg金沢G裏にある公園から堤防を見たらどうだろうと、そちらへ回ってみましたが、ここも立ち入り禁止でした。

190914-27.jpgぐるっと海側を回って駅まで。
市大医学部駅の南側。こちらもヘドロ混じりの海水が、この付近まで流れてきたことがうかがえました。

内陸部では夜中の風がうるさかった程度でしたけど、沿岸はかなりの被害あり。この地区一帯の皆さまにはお見舞い申し上げます。

 | HOME | 


TOTAL Pages 1