Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 OP戦/明大-MHPS

台風15号の影響でJFE戦は中止となったため、明治大学とオープン戦。
バスが1時間に3本しかないので、ちょっと不便。JR遅延もあり、着いたら1回途中でした。予報では曇り/雨でしたが、傘はまったく必要ない天気。25度、やや涼しめ。

190921-01.jpg


前半は双方ゼロ行進。MHPSはたびたび得点チャンスをつかむものの、前半だけで3度の併殺打。こりゃ今日は走者出たら全部ゲッツーかな、と思ったほど(笑)。

ライト前ヒットで明大の二塁走者が三塁を蹴った時は、「殺れ、常道!」 と期待度MAX。ふっふっふ、その走塁は無謀です。常道翔太選手の肩だもの、当然本塁タッチアウトです。球道とアウトコールが気持ち良かったですねえ。

得点が動いたのは6回裏。四球をきっかけに、レフトタイムリーエラーで明大が1点先取。
しかしMHPSも相手バッテリーエラーなどにつけこみ、7回8回に1点ずつ取って逆転。

190921-02.jpg名誉挽回。レフト河野凌太選手が、フェンス際のファウルフライをファインプレー。皆に笑顔で迎えられます。
そして次の打席ではタイムリーヒット。今日は河野デーでした。

190921-03.jpg伊藤投手がなんと左投げに転向。嘘です。
浜屋将太投手が、今日はクローザーで活きのいい投球。都市対抗以降、すっかり化けましたねえ。

190921-04.jpgそのまま2-1で勝利。大野享輔投手だけが頼りという感じの都市対抗前でしたが、復活しつつある投手もいて、多少明るい兆し。
来週は県秋季大会。JX-ENEOS戦の勝敗のほうが興味はあるけど、東芝戦を見に行く予定です。

 【追記】関東リーグの1位出揃う

関東選抜リーグの各ブロック1位が出揃いました。
昨年と同様であれば、各ブロック1位2位とワイルドカード1チーム、そして関東リーグ参加外の1チームを加えて、10/15から関東選手権。

2019 JABA関東選抜リーグ戦(前後期)対戦表
http://www.jaba.or.jp/taikai/2019/chikuren/pdf/kanto_lk.pdf
 ↑Bブロック順位はSUBARU1位になってますが、違うと思います。
A: 1、NTT東(4勝0敗)  2、JR東が2試合残しているため未定
B: 1、日通(3勝1敗9P) 2、SUBARU(3勝1敗6P) 3、東芝(2勝2敗-1P)
C: 1、Honda(4勝1敗)  2、かずさ(3勝2敗5P) 3、東ガスが2試合残しているため未定


CブロックのMHPSは、おととい日立に1-0で勝利。3投手の完封リレーと、鶴田翔士選手のソロホームランによる1点だったとか。
三菱日立パワーシステムズ 1-0 日立製作所
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40012/25845.html

これで3勝2敗となりましたが、ポイント4でかずさに及ばず3位以下。
あとは東ガスが3勝2敗で並ぶ可能性がありますが、残り2試合が下記条件いずれかにあてはまった場合はMHPSが3位になると思います。2勝2失点以内なら東ガスが3位のはず。
 ・1敗する。
 ・2勝の場合タイブレーク勝ちを含む。
 ・普通に2勝した場合は、2試合の合計3失点以上。

また各ブロックのチーム数が不均衡のため通常の順位決定要項でいいのか分かりませんけど、3位になると勝率でワイルドカードじゃないかな。いずれにしても決定は10/7以降ですね。


【追記】
9/21(土)のJFE戦は中止となり、明治大学とのOP戦に変更となったそうです。先方G、10:30。雨っぽいですけどね。

 パンチングボール

14日の続きです。
というわけで被災した金沢Gですが、野球部はいつもと変わらず元気です。

190916-01.jpg   190916-02.jpg   190916-03.jpg


190916-04.jpg先日のかずさ戦ではバントを4回キッチリ決めました。バントができるということは、先頭打者が出るということで、良い傾向ですね。

190916-05.jpg   190916-06.jpg

190916-07.jpg   190916-08.jpg

コーンに置いたボールに当てようとする、甲斐翼投手・伊藤優輔投手・田中宏章投手。意外と当たるものですねえ。

190916-09.jpg   190916-10.jpg

バックスクリーンの被害状況はこんな感じ。その向こうから、浜屋将太投手がランニング中。

190916-11.jpg

190916-12.jpg   190916-13.jpg   190916-14.jpg

放射状に飛び散る汗。美しい。

190916-15.jpg


190916-16.jpg江越海地選手が個人的に取り寄せたらしきパンチングボール。ヘッドバンドをつけて、紐のついたボールを打ちます。動体視力や反射神経の鍛錬によいとか。

連続して打ちこむにはちょっとコツがいるようですが、鶴田翔士選手は思いきりハマって 「楽しい」 を連発。

190916-17.jpg   190916-18.jpg

割りとすんなりコツをつかんだ矢野幸耶選手。しかし、勢い余って紐が顔にグルグル巻きに。

190916-19.jpg   190916-20.jpg



 オリンピックマラソン代表決まる

無念です。夕べから頭痛がして、今朝はどうにも怠くて起きられず、微熱。どうやら風邪のひきはなだったようで、MGC観戦を断念。応援Tシャツいただいていたのに、申し訳ないです。
担当の方にドタキャン連絡を入れ、この日のために購入したワンセグレシーバーを見ながら、布団の中でうつらうつら。

MHPS後援会では180名が各班に分かれ、決められた場所に移動しつつ応援する手筈。自分はまず日本橋に行くはずでしたが、TVでも絶好の観戦ポイントと紹介されていたこともあり、すごい人出でしたね。沿道のあちこちにMHPSの幟や赤いTシャツの方々がいるのを見て、残念さ増幅。

序盤からHonda・設楽悠太選手が独走状態で、そのまま逃げ切るかと思われましたが、25キロ過ぎに失速。2位集団にいた富士通・中村匠吾選手、トヨタ・服部勇馬選手らが激しいデッドヒートのすえ、1位2位。東京オリンピック代表に内定しました。

MHPSは木滑良選手が18位。岩田勇治選手20位。中盤までは2位3位グループにいて健闘してましたが。
優勝の呼び声高かった井上大仁選手は、どうしたことか、完走27選手中最下位。何があった。

日本のトップ選手30名による一発勝負。
都市対抗予選もそうですが、オリンピック本番よりももしかしたら面白かったかもしれない。スポーツは、諦めないことの大事さを教えてくれますね。

 台風15号の爪痕 2

190914-01.jpg市大医学部駅からの途中にあるミモザが、歩道に頭を垂れてました。

190914-02.jpg幹の途中から無惨な折れ具合。そのそばで電話している人が見えるでしょうか。かなり大きく育っていたのに、台風は無慈悲ですねえ。

三菱金沢グランド前の道。フェンスの途中に、枯れ草が一列張りついています。この高さまで水が来たってこと?

190914-03.jpg

190914-04.jpg室内練習場側の閉じた入口にも、枝が押し寄せて絡まってます。この高さまで水に運ばれてきたってことだな、やっぱり。

190914-05.jpg通用門の内側には、漂着物が寄せ集められていました。

190914-06.jpgクラブハウスは、この茶色の線まで水が来た模様。
1階は土が流れこんでドロドロなので、備品を運び出して清掃中。野球部の楯やトロフィーなどの展示は、なんとか無事だったようです。
筋トレ用マシンなども海水に浸かったところは水で洗ったそうですが、サビが心配とのこと。

190914-07.jpg   190914-08.jpg

190914-09.jpgブルペンとベンチの間は整備用の砂置き場。ここにも漂着物が山。

サブグラウンドにも、小枝や砂などの漂着物が集められて山が築かれてます。その向こう側のフェンスがぐにゃりと折れ曲がり、そこから水が流れこんだことがうかがえます。

190914-10.jpg

スタンド下のゴミ集積所前には、折れた生枝やビニール袋が集められてました。袋の中には大量のボール。海水に浸かってダメになってしまったのですね。

190914-11.jpg   190914-12.jpg

バックスクリーンも、飛来物があったのか何ヶ所か破損していました。

190914-13.jpg

190914-14.jpgネット裏の金網のすきまにも、まだ小枝や枯れ草が詰まってます。とりあえず練習ができるくらいには清掃したけど、まだあちこちに残骸が。
月曜火曜はひたすら片づけ。練習ができたのは水曜の途中からだったとか。

「タコがいたんですよ!」 と、皆さん開口一番。水が引いたグラウンドに、タコやフグなどがいたのだそう。外野フェンス前に堆積した枝などの片づけが大変だった苦労話より先に、タコの話題(笑)。

190914-15.jpgベンチ横のフェンスが破れてました。どれだけ圧がかかったんだろか。

冨里悠コーチと亀川裕之コーチの間、ベンチの隅に水の跡。ここまで水が押し寄せたということらしい。せっかく掃除した側溝も、土で埋まってました。

190914-16.jpg   190914-17.jpg

190914-18.jpg芝が枯れているのではと心配しましたが、若干砂が堆積しているだけで、今のところは大丈夫。竹内啓人選手いわく、もともとの海風で芝も慣れているんじゃないかと(笑)。

外野をぐるっと歩いてみると、ライトのあたりでかなり磯の香を感じました。海水が押し寄せたことを実感。16日は雨予報ですので、芝全面張り替えなんてことにならぬように塩を洗い流してくれると良いのですけど。

190914-19.jpgスタンド下の本部席も水浸し。

190914-20.jpgブルペン方面に積もった砂を、高橋保さんと増永副部長が掃き掃除。保さんは月火と奥さまも連れて清掃に加わったとか。大変でしたね。お疲れさまでした。

190914-21.jpgあちこちに漂着物の山。これが日本選手権予選前とかじゃなくて、まだ良かったです。
いやー、皆さんお疲れさまでした。


190914-22.jpg護岸を見て帰ろうと、グラウンド横の道を海方向へ。歩道の雑草が思いきりなぎ倒されています。
昔、親戚が漁港のそばに住んでいて、夏に遊びにいくと港には魚の生ぐさい臭いが充満してましたが、このあたりにも似たような臭いを感じました。

突き当たりの右側・グラウンド裏方向の堤防は大丈夫そう。崩れた左側のほうは、土のうで応急処置中でした。

190914-23.jpg

190914-24.jpgところどころ崩れてます。遊歩道周辺は立ち入り禁止。

190914-25.jpg木が根をさらして横たわってます。こんな大木がなぎ倒されるくらいの風か、波か。

190914-26.jpg金沢G裏にある公園から堤防を見たらどうだろうと、そちらへ回ってみましたが、ここも立ち入り禁止でした。

190914-27.jpgぐるっと海側を回って駅まで。
市大医学部駅の南側。こちらもヘドロ混じりの海水が、この付近まで流れてきたことがうかがえました。

内陸部では夜中の風がうるさかった程度でしたけど、沿岸はかなりの被害あり。この地区一帯の皆さまにはお見舞い申し上げます。

 15日はMGC

今度の日曜は、マラソングランドチャンピオンシップ。略してMGCがおこなわれます。東京オリンピック代表の選考会。対象大会を勝ち抜いた選手たちが、健脚を競います。3名の内2名がここで決定。

MHPSからは、木滑良・井上大仁・岩田勇治の3選手がエントリー。
早々にMGC出場を決めたあと調子を落としていた木滑選手は、どの程度復調したかな。アジア大会優勝の井上選手は、代表最有力候補。遅咲きのベテランが好きな自分としては、今年のニューイヤー駅伝で感動させてくれた岩田選手に注目です。

190913.jpgMHPSマラソン部後援会から、揃いのTシャツも届きました。日曜は応援に行ってきます。マラソンを沿道で見るのは初めて。一瞬で通り過ぎるのでしょうけど、楽しみです。
ただ、雨が心配なんですよねー。

岩田勇治 粘り強さと競り合いで見せる気持ちの強さ見せて 毎日新聞
https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20190911/k00/00m/050/160000c

 台風15号の爪痕 1

9日未明に三浦半島に上陸した台風15号。通勤電車が始発から計画運休するなど、台風が去ったあとも大変な一日でした。千葉県では、東日本大震災より被害甚大でまだ停電中の地域もあるとか。お見舞い申し上げます。

神奈川新聞によると、三菱重工本牧工場ではドックの作業船が被害。沈没した船もあるそう。うわ。そして今朝の新聞には、金沢区で護岸が高波で崩れ、工業団地やヘリポートに浸水との報。

【台風15号】「最強」の爪痕深く 横浜港は海難事故続発 カナロコ
https://www.kanaloco.jp/article/entry-194218.html
【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜
https://www.kanaloco.jp/article/entry-194711.html


この記事内の工場とヘリポートに挟まれている金沢G。ということは。
森脇慶太マネージャーに別件で連絡ついでに被害状況を尋ねてみたら、ひどい状況だったけど練習は出来ているそうです。
どの程度ひどかったのかは、また週末に。

 県秋季大会組合せ

県秋季大会の組み合わせが発表されてます。
総当たりリーグ戦。三菱日立パワーシステムズの試合は以下の通りです。
雨天の場合は翌日に順延ではなく、予備日に繰入だそうです。お間違いなく。

2019年 JABA秋季神奈川県企業大会
http://www.jaba.or.jp/taikai/2019/kenren/pdf/kanagawa_aki.pdf
9/24(火)13:30 東芝-JX-ENEOS   保土ヶ谷球場
9/25(水)10:30 JX-ENEOS-MHPS 
9/26(木)10:30 MHPS-東芝


 選手権関東予選/MHPS-かずさ 3

190907-01.jpg大野享輔投手が3回途中降板は、思いきり予想外でした。いつも抜群の安定感だったのに、都市対抗のトヨタ戦終盤と同じような崩れ方をしちゃいましたね。何か共通するものはあったのでしょうか。
選手権本大会では、エースの投球をまた楽しみにしてます。

早くも3回からのリリーフでしたが、完投能力もある浜屋将太投手なので、スタミナに心配なし。問題は制球力。6回はちょっと乱しましたけど、でもそれ以外はほぼ危なげありませんでした。ピッチャーライナーも好捕。

190907-02.jpg   190907-03.jpg

190907-04.jpgヘルメットから、雨がしたたります。序盤から雨が降ったりやんだり。
終盤には小康状態でしたが、次の雨雲が来ていたので、延長突入したらドシャ降りになるかもとハラハラ。9回で終わってくれて良かったです。

3安打、先制点も叩き出した久木田雄介選手。守備もしっかり。

190907-05.jpg   190907-06.jpg

ショート矢野幸耶選手のハツラツプレー。昨年の選手権では悔しい思いをしましたが、今年は一回り成長してドーム見参です。

190907-07.jpg 190907-08.jpg 190907-09.jpg

190907-10.jpg

190907-11.jpgヒットで出塁して、二進した対馬和樹選手。久木田選手のセンター前ヒットでホームへ激走。
ドンピシャの返球だったらアウトだったと思います。ツイてました。

190907-12.jpg   190907-13.jpg

190907-14.jpg

190907-15.jpg2点目のホームを踏んだ久保晧史選手。ものすごく嬉しそう。

190907-16.jpgバットが思いきりすっぽ抜けた八戸勝登選手。その飛距離に、皆びっくりでした(笑)。

毎回のように走者を出しながら、なかなかヒットが繋がらなかった両チーム。エラーで決着がつきがちな展開でしたけど、お互いノーエラーでした。

190907-17.jpg   190907-18.jpg

190907-19.jpg   190907-20.jpg

2年連続選手権出場、おめでとうございます!

 選手権関東予選/MHPS-かずさ 2

190903-03.jpgリニューアルされた大田スタジアム。大枠やスコアボード・照明灯はそのままに、人工芝張替や防護ネットの伸張、バリアフリー対策等が施されたようです。

三菱日立パワーシステムズ-日本製鉄かずさマジックの代表戦。スタメンです。
先発マウンドは、MHPS・大野享輔投手。かずさ・川名健太郎投手。
大野投手先発は大方予想通りだと思いますが、右サイドスローの川名投手にMHPS側は渋い顔。完全に予想をはずしたみたいです。

190903-04.jpg

190903-05.jpg    190903-06.jpg

打順は、下位の久木田選手を2番に上げ。
久保選手をDHに据え、セカンド鶴田選手ともどもスタメンに。江越選手をセンターに、八戸選手はライトへと、本来同ポジションの選手併用も目につきました。

190903-07.jpgたまにライト方向へも吹きますが、風は向かい風。ホームラン性の当たりも戻されるくらいの強さです。

「ところにより雷雨」予報。レーダーを見ると、よりによってこの付近が 「ところ」。上空にピンポイントで雨雲発生。降ったりやんだり。強い雨が降ったかと思うと、今度は太陽が照りつけるなど、めまぐるしい天気。気温はそこそこですが、湿度はかなり高めでした。

190903-08.jpg   190903-09.jpg

1回表。八戸勝登選手がさっそくヒットを放ち、久木田雄介選手が送りますが、後続なく先制点ならず。この日は(この日も)、3番4番がノーヒット。誰であれ、中軸に座ると打てなくなるのは、呪いでもかかっているのかと思うレベルです。

対馬和樹捕手が盗塁を刺したかと思えば、今度は江越海地選手が刺されます。互角の戦い。

190903-10.jpg   190903-11.jpg

3回表。対馬選手がサード前イレギュラーヒットで出塁。矢野幸耶選手が送り、1死二塁。そして久木田選手の打球は、センター前へ。

対馬選手の本塁突入は返球との競争。タイミング的には微妙で 「やばい、アウトかも」 という感じでしたが、山縣有輔捕手が前にはじく間に滑りこみセーフ。1-0。先制点にわくMHPSベンチです。

190903-12.jpg   190903-13.jpg

190903-14.jpg

本日の公式ツイッター担当は、元監督・松下安男さん。今回はこの先制点の動画入りです。
https://twitter.com/MHPSbaseball/status/1168731353707245568

しかし3回裏、大粒の雨が落ちてきました。大野投手が急に3連打をくらい、1-1の同点に。

190903-15.jpg   190903-16.jpg

190903-17.jpgさらにライト前ヒットで無死満塁。サードファウルフライやショートライナーで何とか2死までこぎつけますが。

190903-18.jpg左の4番松本啓二朗選手を迎えるところで、早めの継投。マウンドに浜屋将太投手が向かいます。

190903-19.jpg押し出しでの逆転も頭をよぎります。しかし浜屋投手は度胸良く、松本選手をサードゴロに仕留めてこのピンチを切り抜けました。

190903-20.jpg4回にヒットを打たれるも、6-4-3のゲッツー。

すると6回表。かずさは細かく継投し、マウンドには3人目の山本晃希投手。1死から久保選手が三塁線を抜ける二塁打。二橋大地選手も、センター横を破るタイムリー二塁打。

190903-21.jpg 190903-22.jpg 190903-23.jpg

久保選手がホームを踏み、小躍りしながらベンチへ。二橋選手はガッツポーズです。

190903-24.jpg  190903-25.jpg

190903-26.jpg2-1
4回にも久保・二橋の単打で二三塁としましたが、その時は得点ならず。ようやくの追加点です。
さらに対馬選手に代えて代打・龍幸之介選手で勝負に出ましたが、残念ながら1点止まり。

6回裏の浜屋投手は四死球と暴投で自ら二三塁のピンチを招くも、三振で切り抜けます。

190903-27.jpg   190903-28.jpg

9回表のMHPSは一三塁のチャンスをつかみながら、得点できず。こういうのってサヨナラをくらうパターンだよなとイヤな予感。何しろ2013年以降、選手権予選では手痛い負け方ばかりです。

いよいよ9回裏。1死からヒットの走者を出してしまい、イヤな予感増幅。

190903-29.jpgしかし、このプレーが大きかったですね。代走・岡雄大選手を牽制で誘い出し、二橋選手から矢野選手へ送球、タッチアウト! 屋根の下で固唾を呑んで見守っていたMHPS応援の皆さまも、一気にわきました。

190903-30.jpg最後はセカンドゴロ。鶴田翔士選手が捕って二橋選手へ。
やりました! 7年ぶりに予選突破。2年連続の選手権出場です。

190903-31.jpg   190903-32.jpg

190903-33.jpg

11安打で2点と、8安打で1点。お互いになかなか連打が出ず、散発。ロングリリーフの浜屋投手が光った試合でした。

190903-34.jpg

190903-35.jpg常道翔太主将に代表盾が授与されます。今月末には県秋季大会、その後もまだ公式戦が続くことになりました。


試合前、後藤隆之監督に挨拶するスカウトさんがいっぱい。皆さん、浜屋投手目当てだったのですねえ。都市対抗以降注目度急上昇ですが、でも即戦力と言うにはまだ不安定だし、もう1年しっかり実績を残してからのほうが──と個人的には思います。 まあ選手権でMVPとるくらいの急成長をしてくれれば、安心して送り出せますけれども。

三菱日立PS 早めの継投、反撃かわす 2番手・浜屋「体動いた」 yahoo/毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000065-mai-base
三菱日立パワーシステムズ、2年連続7度目の本大会出場 神奈川新聞
https://www.kanaloco.jp/article/entry-192849.html
浜屋に11球団熱視線!三菱日立パワーシステムズ、日本選手権決めた サンスポ
https://www.sanspo.com/baseball/news/20190904/ama19090405000001-n1.html

 選手権関東予選/MHPS−かずさ 1

7年ぶりに予選突破!! 時折かなり雨の降る中、勝ち越し二塁打の二橋大地選手と、ロングリリーフの浜屋将太投手です。

190903-01.jpg   190903-02.jpg

三菱日立パワーシステムズ 2-1 日本製鉄かずさマジック
http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30503/25722.html

詳細はのちほど。

 選手権関東予選/JR千葉-MHPS

明日の代表選に向けて良い流れを作って欲しい、と思っておりました。期待に応えてくれ、しっかり7回コールド勝ち。

初回から打者一巡、平野智基選手の3ランもあったとか。大量点取るとそこで攻撃の手が緩むのはいつもの悪い癖ですが、なんとか中押しダメ押し。三小田章人投手-松田浩幸投手の左リレーで勝利しました。

JR千葉 1-9 三菱日立パワーシステムズ 7回コールド
http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30503/25707.html


そして明日の相手は、日本製鉄かずさマジックに決まりました。
2016年2017年は、同グループの鹿島に敗戦。2015年は日通、2014年は東芝、2013年も日通に負け──。意外にも、選手権予選は2013年以降敗戦続き。2012年もかずさに負けて、何とか敗者復活で東芝に勝利。
今年は久しぶりに快勝といきたいですね。

あと、問題は天気かなあ。「ところにより雷雨」 なんて予報が出てますが、雨雲が上空を避けてくれますように。

 明日から選手権予選

昨日の予報では、今日の最高気温は30度以下のようでしたので、久しぶりに一眼レフ持っていきました。市大医学部駅付近は風もあり、撮影日和だと思ったのですが。

190901-07.jpg金沢Gは暑いの何の。外野手撮っているだけで、もう滝の汗でした。

190901-08.jpg   190901-09.jpg

雲はあっても、太陽を覆い隠してくれません。スリーダイヤ上の旗はなびくのに、グラウンド内はほぼ無風。

190901-10.jpg   190901-11.jpg

シートノック中はレフト側の木陰で涼。気温がかなり違います。
何名かに 「今日は何度ですか」 と尋ねられましたが、今日は涼しいと思って温度計持っていかなかったのですよねえ。ただまあ暑いのは暑いけど、交流戦時期の暑さより幾分マシな気はします。

190901-12.jpg


190901-13.jpg浜屋将太投手と伊藤優輔投手の若手コンビ。浜屋投手が引き締まったいい顔してました。いろいろ自覚が生まれたかな。

ティーバッティング中の矢野幸耶選手。腕から汗が飛び散ります。

190901-14.jpg

今日は望遠レンズを持っていったので、正面からバントを撮ってみようと思ったものの、イマイチ絵面が面白くない。やっぱり斜めからのほうが楽しいです。

190901-15.jpg   190901-16.jpg

190901-17.jpgスクイズを外された時用の練習を、二橋大地選手がしてました。
そういえば、MHPSのスクイズは久しく見てないなあ。小池裕貴選手や、高安健至コーチが選手時代に時々やってたくらいですかねえ。

190901-18.jpg日なたにちょっといるだけでクラクラ。
一塁側は、このあたりまで下がると少し木陰があります。

190901-19.jpgブルペンのあたりが、やはり涼しい。

190901-20.jpgサブグラウンドで台を使いながら練習中の、山下トレーナーと松田浩幸投手・本多裕哉投手。

いつもはみっちりの個人練習も、明日は試合だから軽めにとお達し。この暑さですもんね。体力温存。

190901-21.jpg   190901-22.jpg

190901-23.jpgサブグラウンドでは江越啓太選手や八戸勝登選手がバッティング練習。ちょうどインパクト撮れたので貼っておこうかな。

190901-24.jpg森脇慶太マネージャーがマウンドに大量の盛り塩。ライナーを顔にくらって流血した投手がいたり、何かとケガ人が多いからだとか。ブルペンやベンチ、ホームベースなど、あちこち浄めてました。
ちなみにこの派手なシャツは、セガサミーさんからのいただきものだそう。


オープン戦は猫の目オーダーでしたが、選手権予選はどんな布陣で臨むのでしょう。
明日は前後の試合も面白そうですけど、連休はしづらいので観戦見送り。火曜の代表戦を見にいく予定です。どんな相手とも接戦になりがちなMHPSですが、明日は快勝を期待しております。

 9月の誕生日

今月誕生日を迎える皆さまです。おめでとうございます。

190901-01.jpg
 9/8 渋谷ロバート選手

190901-02.jpg
 9/15 冨里悠コーチ兼アナライザー

190901-03.jpg
 9/22 佐々木玄選手

190901-04.jpg
 9/24 久木田雄介選手

190901-05.jpg
 9/28 江越海地選手


190901-06.jpg9/1 飯塚富司さん(パ・リーグ審判員)
9/2 門西明彦さん  9/5 来嶋慎也さん
9/11 安達義春さん・門間真さん・佐藤潤一さん
9/12 里木雅彦さん・塩澤伸之さん
9/16 石垣健志さん・伊藤慎悟さん 
9/23 前田雄気さん・平尾泰勢さん


 | HOME | 


TOTAL Pages 1