Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 日本選手権関東予選&関東リーグ組合せ

日本選手権関東予選の組み合わせが発表になりました。
順当にいけば、MHPSは9/2が代表戦。相手はかずさマジックが濃厚ですが、深谷組も侮れません。

第45回日本選手権大会関東代表決定戦組合せ
http://www.jaba.or.jp/taikai/2019/syakaijin/pdf/kanto_2.pdf
8/31(土)11:30 JR千葉-MHPS 大田スタジアム
9/2 (月)11:30 代表戦



関東リーグ後期日程も発表になってます。
MHPSの残り試合は以下の通り。

2019 JABA関東選抜リーグ戦(後期) 対戦表
http://www.jaba.or.jp/taikai/2019/chikuren/pdf/kanto_lk.pdf
8/7(水)9:00 Honda-MHPS 岩槻川通球場
9/17(火)9:00 MHPS-日立 日立市民球場


 クラブ選手権関東/コットン-GOOD

明け方まで雨が降っていましたが、クラブ選手権関東予選は無事おこなわれる模様。コットンウェイ-GOOD・JOBの試合を見に、市営浦和球場へと。山梨の球場は交通の便が悪く見にいきづらかったので、この機会を逃す手はありません。

雨続きで湿度90%、梅雨寒だった関東地方。でも今週後半は晴れ間が見えたと思ったら、いきなり気温30度超。うわ。

190727-01.jpg台風接近のため風が吹いて多少マシとはいえ、暑さに慣れてない身にはこの晴れ空はこたえます。得点シーンが撮れたら日陰に行こうと思っていたのに、いつまでたっても点が入らないし(^^;
塩分持参を忘れたのも祟り、帰宅したら軽く熱中症。

190727-02.jpg浦和球場は、金網が薄い緑色。これまた撮りにくい球場です。画像が白っぽくなっちゃうんですよね。

190727-03.jpg夕方から雨予報のためか、シートノックはなくベンチ前ノックだけ。ノッカーは頓所裕一コーチ。トンちゃんのシートノック、見てみたかったな。

190727-04.jpg試合中は三塁ランナーコーチに。腕を回すところをいっぱい撮りたかったのですけど。
前半は何度もチャンスを作り、スコアリングポジションに進むのですが、あと一本が出ず。残念ながら無得点。

瀧諒太監督のブロックサイン。塁に出ると積極的な盗塁策が目立ちました。これは初回の菅谷洋選手。青森中央学院大卒の、もうすぐ25歳。

190727-05.jpg   190727-08.jpg

190727-06.jpgこちらは鶴田祥平コーチ。出番はあるのか試合前に尋ねたら、コーチ専任の模様。

190727-07.jpg主将の田中俊也投手。大阪学院大卒の24歳。
リリースの際に顔があっち向いちゃう系で、目をつぶっているのも気になりますが、前半は空振り三振の山。相手に二塁さえ踏ませずでした。

190727-12.jpgただそういう時ほど落とし穴。6回に初めて二塁打を打たれたあと、ピッチャーゴロ悪送球で先制点を与え。さらにヒットで0-2。

8回にも連打でもう1点。9回は継投するもさらに2点追加され。
こちらは逆に後半は抑えられてしまい、3者凡退ばかり。ありがちな展開。0-5で敗戦となりました。

そんな試合の中で目をひいたのは、會田雄大捕手。仕掛けられた盗塁を2刺殺。日本ウェルネススポーツ大卒の1年目。ウェルネスも社会人チームですので、都市対抗予選パンフなどでは移籍扱いのようです。

190727-09.jpg   190727-10.jpg

190727-11.jpgショート藤田尚樹選手。一生懸命なプレーが良かったですね。ENEOS・渡邉喜美男選手と何となくダブるものがあるのは、小兵のせいだけではないでしょう。こちらも日本ウェルネス専門卒の1年目。

試合中にコットンウェイ尾崎投手の靴紐が切れ、しばし中断。その間、芝に寝そべる外野手たち。ストレッチだけにしなさい・寝そべるなと審判から注意が発せられましたが、なんとものどかな風景でした(笑)。

190727-13.jpg


190727-14.jpg試合終盤をみつめる瀧・藤本・鶴田の元MHPS三人衆。藤本鈴也投手が代表戦先発予定だったそうで、残念ながら出番なく終わってしまいました。
総監督の瀧優介さんは、ネット裏でご家族と一緒に観戦。お久しぶりでございました。

本数のあまりないバスの時間が迫っていたので、試合後は軽く挨拶しかできませんでしたが。
初めて見たGOOD・JOBは、スタメンの半数以上が新人で、まだチームとしてのまとまりには欠ける印象。来年こそは都市対抗予選で見たいけど、今のままでは企業チームにコールド負け必至。クラブはチームや個人の目標設定をどこに置くのか、心ひとつにと言っても難しい面もあると思いますが、もう1ランク上のチームになるべくチーム作り頑張ってください。

ちなみにこの 「本日の結果」。第1試合は全高崎がゴールドジムに勝ったことになってますが、逆です。

190727-15.jpg

コットンウェイ硬式野球倶楽部 5-0 GOOD・JOB硬式野球部
http://www.jaba.or.jp/score_book/2/20522/25426.html

 都市対抗余話-復活-

夕刊に掲載されている 「イチオシ!」。都市対抗を側面から支える方々を紹介しています。
7/24は元JR東日本監督の中野真一さん。有料記事なのでネット上では一部しか読めませんが、この10年の解説で一番記憶に残っているのは2009年の三菱重工横浜戦だとのこと。あれはクラブチームから企業チームに戻り、13年ぶり悲願の本大会出場の年でした。思いが強すぎて選手たちは浮き足立ってしまい初戦惨敗でしたけど、中野さんも復活劇が嬉しくて気持ちが入りすぎた解説だったそうです。三菱横浜の出場をしみじみ喜んでくれた温かい言葉を、自分も覚えてます。

イチオシ!:第90回都市対抗野球 テレビ中継で解説 中野真一さん(52)
https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20190724/dde/007/050/039000c


三菱ふそう川崎の応援曲 「ファイター」 を、三菱自動車岡崎が復活の演奏。それだけでも嬉しいのに、この応援団がオカザえもんになってのパフォーマンスは非常に楽しそう。MHPSが勝ち上がっていたら、岡崎との対戦だったのですよねえ。生で見てみたかったなあ。
岡崎さん、来年も来てね。

三菱自動車岡崎(岡崎市)の応援団(3回戦)
https://mainichi.jp/graphs/20190722/hpj/00m/050/007000g/1
毎日新聞デジタル編集部・野球担当@mainichijp_bb 7月15日
https://twitter.com/mainichijp_bb/status/1150714137669804032 (動画)

応援といえば、昨今のMHPSの演奏はとてもテンポが速く、巷でも話題になっています。佐々木勉選手たちがふそうから移籍した年に三菱横浜も 「ファイター」 を演奏したことがありましたけど、もし今のテンポで演奏したらどんな感じになるのでしょうね。

 都市対抗はJFE東の優勝

初回に1点先取したのはトヨタ。しかしJFEは長谷川裕介選手の2ランで逆転すると、4回にはエラーをきっかけに走者をため、タイムリーヒット3本で4点取って突き放し。
最後はJFE・須田幸太投手、トヨタ・佐竹功年投手の守護神が投げあい、JFEが6-4で逃げ切りました。

JFE東日本 6-4 トヨタ自動車
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/25416.html

その須田投手が橋戸賞。佐竹投手が久慈賞。信頼できる抑え投手がいることの大事さを、改めて教えてくれた両チームでした。
その他、東芝・石川桜太選手が首位打者賞でした。おめでとうございます。

第90回都市対抗野球表彰選手一覧
http://www.jaba.or.jp/taikai/2019/toshitaikou/pdf/hyosyo.pdf

 都市対抗/JFE東-東芝

壮絶なサヨナラ負けの東芝。虚脱感。

満塁のチャンスに、翻る必勝旗、「TOSHIBA」 のボード。
チャンスには一気集中で得点するのが、東芝さんの攻撃イメージ。でも今日は残塁の山でした。まるでMHPSの攻撃を見てるみたい(^^;

190724.jpg


今年の東芝は岡野・宮川、両投手が軸。今日は宮川哲投手が先発。
2ランで先行されるも、また補強の村上貴哉選手のソロホームランで追撃。さらに内野安打と押し出しで逆転。
両チームとも継投継投。JFEは、1点ビハインドながら須田幸太投手をマウンドに送ります。そして代打ソロホームランで3-3の同点。「須田を出せば勝てる」 のJFE必勝パターンになりつつある終盤でした。

試合は膠着したまま延長戦へ。
10回表、金子聖史選手のホームランで1点勝ち越し。東芝側大歓声。勝った!と思いましたねえ。ただ1点差じゃ怖いからもう1点追加していただきたかったのに、それができなかったのがやはり祟りました。
その裏、JFEの攻撃は死球から満塁となり、最後は2者生還のサヨナラタイムリーヒット。「セーフ!」 の判定に、膝から崩れ落ちる東芝野手陣でした。三塁側スタンドも放心状態。

須田投手が4勝目。明日はトヨタ佐竹功年投手との守護神対決。絶対的な信頼度のある抑え投手がいるチーム同士の決勝戦です。

 都市対抗/JFE西-東芝

JFE・河野、東芝・岡野という好投手の先発。息詰まる投手戦・接戦になると予想された方が多いと思いますが、思わぬ大差。

東芝さんは、この大会初めて補強選手を起用。ENEOSから補強のDH村上貴哉選手が、起用に応えて2ラン。石川桜太選手も連続でホームラン。
河野竜生投手を早々にマウンドから引きずり下ろし、着々と点を重ね、中盤にはタイムリーとホームランで一気に6点を入れて試合を決めました。本当に、試合はやってみないと分からない。

JFE西日本 1-10 東芝
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/25410.html

明日・準決勝の相手は、須田幸太投手擁するJFE東日本。3試合とも終盤の逆転勝ちで、いずれも抑えの須田投手が勝利投手。当然ながら東芝としては、須田投手を出さない展開が望ましいですね。
MHPSのために確保した代休を使って、明日は東芝さんを応援に行きます。

 都市対抗/JR東北-東芝

凡ミスで2点目を失った東芝。しかしすぐ追いつき、2-2の膠着状態のまま試合は9回へ。
最後は佐藤旭選手のサヨナラヒットで3-2。ベスト8です。おめでとうございます。

「平馬監督はENEOSをリスペクトしている。『優勝して来年は一緒に都市対抗へ行こう』 と補強選手たちにも言っている」 と中継リポート。そのわりにはここまで補強選手をスタメン起用してないわけですが、この先どうなりますか。次戦はJFE西日本。

JR東日本東北 2-3x 東芝
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/25393.html

 都市対抗/MHPS-トヨタ 2

横浜市民の集客も見込み、連休中の特定シードを取りたかった三菱日立パワーシステムズ。しかし競争率高すぎで、会社の休日である16日を再選択。長崎や遠方の皆さんにも来ていただくべく宿泊費も補助したようなのに、思ったより集客できなかった感じ。内野スタンドを全部埋めることはできませんでした。
ここを勝てば来週は夏休みのお子さんたちにも見にきてもらえたのに、残念でしたね。

190716-01.jpg

スタメンです。先発マウンドは、MHPS・大野亨輔投手。
トヨタは、東海理化から補強の立野投手。九州大会で対戦しているドラフト候補です。フォームのバランスがイマイチ悪いと思うのですが、どのへんがスカウトの琴線に触れるのかしら。

190716-02.jpg

190716-03.jpg     190716-04.jpg

とにかく先に点を取りたいMHPS。初回はバント失敗などもありましたが。
2回裏。久保皓史選手がセンター前ヒットで出塁。

190716-05.jpg河野凌太選手のゴロをファーストが二塁送球。これがフィルダースチョイス。
ニ橋大地選手は四球で、無死満塁。

190716-06.jpg対馬和樹選手の当たり損ねはバックホームされるも、久保選手のスライディングのほうが早く、またもフィルダースチョイス。1−0

190716-07.jpg

190716-08.jpg待望の先取点に盛りあがるスタンド。
なおも無死満塁。

久木田雄介選手の打球は、ぐんぐん伸びてレフトフェンス直撃。河野選手生還。しかし続くニ橋選手はタッチアウト。2-0

190716-09.jpg   190716-10.jpg

190716-11.jpg   190716-12.jpg

死球でまた2死満塁としますが、後続は三振。ものすごく押せ押せだった気がするのに、終わってみれば2点だけ。もう1・2点入っても良さそうなこの回でした。

4回裏。2死となるも、八戸勝登選手が四球で出塁。つづく矢野幸耶選手が、レフト線へタイムリー2ベース。八戸選手は走る走る、3点目のホームを踏みました。3−0。ナイス中押し。

190716-13.jpg   190716-14.jpg

いつもの躍動感がないながら、調子が悪い時は悪いなりにまとめる、エースはかくあるやという投球の大野亨輔投手。前半終わって1安打のすばらしい内容でした。高校同期の9番・北村祥治選手も完璧に抑えこみます。

190716-15.jpg6回表、トヨタの攻撃。初めて四球の走者を出し、ヒットで一三塁となりますが、ショートゴロで切り抜けます。
7回にも2ベースを打たれるものの、ここまで散発3安打。今日の内容からいって、このまま完封かと思われたのに。

190716-16.jpg8回表。1死から代打・河合完治選手の打球は、レフト・河野選手の差しだすグラブがわずかに及ばず2ベースヒット。
ここから大野投手が急に崩れます。四球・ヒットで1死満塁。

190716-17.jpg3番・樺澤健選手にはライト前タイムリー。3−1
いぜんとして1死満塁。ここまでの内容がとても良かっただけに、トヨタ打線をなんとか断ち切ってほしかったですが。

190716-18.jpg大野投手をあきらめ、ENEOSから補強の大場遼太郎投手に交代。こちらもドラフト候補と呼び声の高い投手です。

しかし投じた初球は、4番・沓掛祥和選手に打ち返されて左中間スタンド中段へ。最悪の結果、満塁ホームラン。MHPSスタンドが凍りつきます。

190716-19.jpg  190716-20.jpg

190716-21.jpg3−5。逆転にわくトヨタベンチ。

190716-22.jpgさらに多木裕史選手にもライトへソロホームラン。3−6
2連発は痛すぎます。それでも応援団がスタンドを鼓舞しますが、声をなくして明らかにがっくりの観客たち。

190716-24.jpg1死も取れずに大場投手降板。MHPSの選手たちが温かく迎えます。
ENEOS・大城投手が新人で補強された時、打ち崩されて試合後に大泣き。亀川投手が同じように笑顔で慰めていた様子を思い出しました。

190716-25.jpg浜屋将太投手が東京ドームデビュー。ビハインドだし無走者だし、多少気楽に投げられたかもしれません。6番7番を三振にとり、沈黙のMHPSスタンドを勇気づけます。上々の初登板でした。

逆転逆転で予選を勝ち抜いてきたMHPS。ここであきらめるわけにはいきません。でも終盤の3点差はさすがに重い。しかも継投に入ってからは打線が抑えこまれています。特に7回裏は3者連続三振。

8回裏。川尻一輝投手から久保選手・河野選手が連続ヒット、代打・竹内啓人選手の内野ゴロの間に生還。4-6

190716-26.jpg   190716-27.jpg

190716-28.jpg   190716-29.jpg

190716-30.jpg9回裏。佐竹功年投手が登場。ですよね、きますよね。
先発ならまだしも、1イニング全開だと打てる気がしません。速球をビシビシ投げこんできます。
代打・江越海地選手を3球三振。矢野選手はショートゴロ。

190716-31.jpg常道翔太選手も見逃し三振。ただ録画を確認したところ、この球審さんは左右が非常に広く、どう見てもボール球でしたねえ。常道選手も苦笑するしかありませんでした。 まあ9回に急に広がったわけじゃなく、大野投手も広さの恩恵にあずかったりしてはいます。

190716-32.jpg

190716-33.jpg

屈指の好カードといわれた対戦。初戦で18チームは消えるわけですが、どちらが消えるのももったいなかったですね。

 全日本クラブ選手権大会・関東予選組合せ

クラブ選手権関東予選の組み合わせが発表されました。
GOOD・JOB硬式野球部は市営浦和にて。カメラ持って応援に行こうかな。

第44回全日本クラブ選手権大会・関東予選
http://www.jaba.or.jp/taikai/2019/zennnihonclub/pdf/kanto_2.pdf

7/27(土)11:30 コットンウェイ-GOOD・JOB 市営浦和
       14:00 代表戦


 「我街(われら)の誇り」と東芝-JR東海

試合前のオーロラビジョンには、いろいろな映像が流れています。
今年新しく作られた 「我街の誇り」 のMV。MHPSが2ヶ所に映ってます。両方とも2017年の大会映像だと思います。

190717-1.jpgまぶしいのは生きている証し。
日本生命戦かな日通戦かな、どなたかのタイムリーヒットでベンチの皆が跳びあがって喜んでいるシーン。斉藤裕次郎コーチ、森脇慶太マネージャー、龍幸之介選手、久保晧史選手、栗林遙野選手、鶴田翔士選手らの顔が見えます。

190717-2.jpg誇りと勇気を胸に抱き
我街のすべて、チームのすべて。

この場面はよく覚えてます。Honda鈴鹿との延長戦、久保晧史選手のサヨナラヒット。ガッツポーズの久保選手めがけて、このあと皆が突進。
あの日の思いが甦って、目頭がジワッ(笑)。

脳内だけじゃなくリピートしたくて、コンコースの売店でCD購入しちゃいました。このMVも一緒に入ってるとなお良かったのに。amazonなどでも購入できるようです。


そして第3試合、東芝-JR東海戦。バルコニー席から応援してました。
なんというか、東芝さんの本気を見た気分。予選より大量の観客席。外野もかなりの部分に浸食、上段スタンドの一角まで埋めてます。試合途中にはビッグフラッグも登場。自分の周囲でも皆一斉にスマホやカメラで撮影でした。

190717-3.jpg

7回の社歌は、バルコニー席などでも立ち上がって歌う人多数。「誇りある東芝 心を集め 進みゆく東芝 その名ぞ永遠に」 の部分などは、社に対する皆さんの気持ちが伝わってくるような歌声でした。これだけの人が心をひとつに社歌を歌うことはめったにないことで、そのことだけでも東芝が野球部を手放さない理由になると思います。

盛大な声援を受けて、岡野祐一郎投手は1失点完投。久保恭久監督率いるJR東海を下しました。神奈川の誇りを東芝さんに託します。

東芝 3-1 JR東海
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/25367.html

 都市対抗/MHPS−トヨタ 1

尻上がりに好投手を繰り出してくるトヨタですので、先行逃げ切りが理想だった試合。先行は出来たのですが、逃げ切れませんでした。
10年ぶりの初戦敗退。詳細はのちほど。 
※訂正:2009年以来と思いましたが、2011年も初戦負けでした。8年ぶりです。

三菱日立パワーシステムズ 4-6 トヨタ自動車
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/25362.html

 明日は初戦

5/3に訪れて以来ご無沙汰の金沢G。今朝も雨模様でしたが9時頃にはあがる予報でしたので、今日こそは練習を見にいこうと気合い入れて起床。

190715-01.jpg新杉田駅に着いたら、とりあえず小雨。
秋と勘違いしたのか、並木道の桜がもう紅葉してました。都心では日照時間が18日連続3時間未満となり、観測史上最長だそう。ジメジメした天気が続く関東地方です。

オープン戦が中止になったり、練習も室内でだったり、この雨で思うように練習ができない昨今。どのチームも条件は同じ。とはいえ、JR東日本さんの広大な室内練習場が羨ましいですね。

明日、トヨタの先発はどなたかなあ。誰が来ても、相手より1点多く取っていただきたい。

190715-04.jpg


190715-05.jpg鶴田翔士選手は、満塁での打率が高くタイブレークに欠かせない人材です。でもそこまでいかず、明日は先行逃げ切りの試合を期待したいです。ただそれだと、逆転以上にハラハラドキドキしそう(笑)。

190715-06.jpg成田昌駿選手は昨日誕生日でした。失念してました。25歳おめでとう!

190715-07.jpg今年の新人・江越啓太選手は、昨年の都市対抗を観戦されたそう。今年は自分がそのグラウンドに立てるかな。

グラウンド状態がイマイチなので、今日はイレギュラーな練習。
自分があまりに久しぶりすぎて、いつもと変わらずリラックスなのか、若干は緊張もあるのか、よく分からず。

190715-08.jpg

190715-09.jpg

190715-10.jpg

190715-11.jpgいつもと同じく、最後はひとり黙々と走っていた龍幸之介選手。
明日も笑顔が撮りたいなあ。

都市対抗出場…三菱日立PSの最高レベルノック!
トクサンがセカンドで参加ぁ!!
  トクサンTV【A&R】
https://www.youtube.com/watch?v=cyjO3P-fMiY

トクサンが明日の始球式をお手伝いするそうです。

 「社会人NO.1カットボールにトクサンが挑む!」

トクサンTVの第2弾。今度はキャッチボールと、伊藤優輔投手の投球です。

社会人NO.1カットボールにトクサンが挑む!
捕手目線…150km超の世界。
 トクサンTV【A&R】
https://www.youtube.com/watch?v=pGw9B1myGMo

当てなくて良かった(笑)。

 第90回都市対抗の開会式

190713-01.jpgいよいよ始まる今年の都市対抗野球大会。水道橋からの通路にはパネルもぎっしり。
西関東代表の新聞記事や、両チームの集合写真などが掲示されています。

190713-02.jpg   190713-03.jpg

90回記念大会ということで、歴代優勝チームのパネル展も。おっ、神奈川がいっぱい。

190713-04.jpgこのへんは3年連続、神奈川の優勝。
右から、
1998年・日産自動車。
1999年・東芝。
2000年・三菱自動車川崎。

同じく右から、2002年・いすゞ自動車。2003年・三菱ふそう川崎。1年とんで、2005年も三菱川崎。

190713-05.jpg

さらに、2007年・東芝。2008年・新日本石油ENEOS。1年とんで2010年・東芝。

190713-06.jpg

190713-07.jpg2012年2013年はJX-ENEOSの連覇。
ところどころに他地区優勝もはさまってますが、このあたり神奈川の黄金時代ですね。しかしこのENEOS優勝以降、神奈川に黒獅子旗が帰ってきていないのが痛いです。

残念ながら三菱重工横浜→MHPSは蚊帳の外ですが、補強選手としてこれらの優勝に貢献した選手は何名も。斉藤裕次郎選手・渡部英紀選手は優勝請負人と呼ばれました。
そして、そろそろここに名を連ねてもおかしくないチームになってきましたよね。

開会式です。JR東日本の楽団が 「我街の誇り」 を演奏する中、各チームが入場行進。

190713-08.jpg

JR東日本の軍隊行進が、毎回きれいです。MHPSの行進は、まあ普通かな。

190713-09.jpg

一時は45名いたMHPSですが、現在は補強を加えても33名。JR東のほうが多いです。

190713-10.jpg

190713-11.jpg連盟70周年を記念して作成された 「我街の誇り」。作詞・作曲者も招いて楽曲の披露です。「中森明菜の北ウイングなどを作曲」 と聞いて、現役選手がどのくらい知ってるか分かりませんけど、林哲司さんの曲はけっこう好きです。この曲も覚えやすくて、早くも脳内リピート中。

 ペットボトルホルダー

190712.jpgMHPS野球部後援会から、今年の都市対抗出場記念品が届きました。今年はペットボトルホルダー。東京ドーム持ち込み可の500mlボトルを入れるとこんな感じ。下方のファスナーを閉じると、350mlにちょうどいいサイズに縮まります。可愛いです。ありがとうございます。

小さめのレンズ入れるにもちょうど良さげと思ってしまうのは、写真屋のサガです(笑)。

 代表特集と『都市対抗2019』

190710-1.jpg7/9毎日新聞に折り込まれた代表特集。これを逃さず入手したくて、今月だけ宅配契約してます。
後藤隆之監督の胴上げとコメント。大野享輔投手の記事。優勝に向けて抜かりなし。
この紙面は、例年ドーム初戦にコンコース中央に積まれてますので、運が良ければ入手できるかも。

190710-2.jpg7/8発売、サンデー毎日増刊 『都市対抗2019』。補強選手ふたりに違和感がありません(笑)。
インタビューではありませんでしたが、注目選手として江越海地選手が冒頭特集でピックアップされてます。

190710-3.jpg久しぶりに書店へ行ったので平積みをあれこれ眺めていたら、『ベースボール神奈川』 という高校野球雑誌に龍幸之介選手の名前を発見。神奈川県内限定の雑誌です。

「四球もヒットも同じ」 ということで、選球眼の話題。龍選手に限らず、MHPSの打者たちは選球眼いいですよね。あの雨中逆転のENEOS戦も、じっくり待球。ストライクの欲しい柏原投手を苦しめました。繋ぐ姿勢、皆で一丸、それがMHPSの強みだと思います。

 「社会人No.1打線…130mのバックスクリーン越えHR!」

通称トクサンというYouTuberの方が金沢Gを来訪されました。園田崇人選手の高校の先輩に当たるそうです。軟式野球界隈では有名人なのかな。チャンネル登録45万人ってすごいですね。

打撃陣のフリーバッティング特集。「社会人No.1打線」 はちょっと持ち上げすぎかとは思いますけど、ただカメラを向けるとより一層の力を発揮するMHPS野球部。いつも以上に柵越えのバッティングです。
「投手を中心とした守りのチーム」 とずっと言われていたのに、「打撃のチーム」 と評される日がくるなんて嘘みたい。変われば変わるものですねえ。

社会人No.1打線…130mのバックスクリーン越えHR!
三菱日立パワーシステムズ…飛ばしすぎ。
 トクサンTV【A&R】
https://www.youtube.com/watch?v=h8JwO96YnkM


この動画、今回だけでなくまだ続きもあるようです。
先日のチラシにもお名前がありましたが、都市対抗初戦にも来られるのですね。

 平成の神奈川ベストナインはというと

JABAの平成ベストナインは神奈川だらけでした。じゃあその神奈川の平成ベストナインはどうなのかと、ふと思い。

190708.gif選出回数を集計した結果がこちら。意外にも、三菱横浜がけっこう健闘してます。 ※以下、次点は敬称略。

投手は1度きりが非常に多く、2回選出されたのがこの3名。いずれも技巧派でしたね。亀川裕之投手は、投手部門で三菱横浜から初受賞でした。
捕手は、高柳(日石)・黒須(日産)の3回を抑えて、高安健至捕手が4回。

一塁手はダントツで小山豪選手。西郷(ふそう)・服部(東芝)が4回で次点。
二塁手は、2回が6名の混戦ぶり。ただ葛城弘樹選手が三塁手でも受賞してますので、ここは葛城選手でいいかなと。ちなみに昭和62・63年のベストナインも葛城選手です。
三塁手も、宮澤健太郎選手がさらにDHで1回受賞してます。若林(日石)が3回で次点。
遊撃手は渡邉(ENEOS)が4回と健闘してますが、藤澤英雄選手がその上をいきました。

外野手は、渡部英紀選手が圧倒的。DHも含め8回受賞は神奈川最多です。
大河原正人選手・山田敏貴選手の4回を追って、佐藤(東芝)が現在3回。来年以降、並ぶ可能性もありそうですね。
DHは細谷享市選手。平成元年の創設で、初受賞が細谷選手でした。

その他に、複数ポジションで3回以降受賞された方々。もしかしたら見落としあるかも。
高根澤(ふそう):捕手2回・三塁手1回。
桑元(ふそう):三塁手2回・二塁手1回。
平馬(東芝):三塁手2回・DH1回。
藤原(東芝):遊撃手2回・二塁手1回。
佐々木(三菱横浜):遊撃手2回・二塁手(ふそう在籍時)1回。
(三菱横浜):遊撃手・三塁手・DH、各1回。
池辺(ENEOS):DH2回・外野手1回。


この集計のもとになった西関東予選のパンフレット。A4サイズになって以来、残念なことに日本鋼管が「銅管」になっちゃってるんですよね。以前指摘したんですが、忘れられたみたいで。来年は東芝さんが主幹事かな。直していただけると幸いです。

 日本野球連盟設立70周年記念祝賀会

昨日は休日出勤しながら、横目でタブレットの中継を見てました。
途中途中で流れる映像が良くて、思わずうるっときたりして(笑)。冒頭映像では、龍幸之介選手のホームラン場面も映ってました。いいんだよなあ、あの笑顔。
JR東北に完全試合をやられた映像は──、要らない(^^;

都市対抗の歌を披露の映像では、MHPSの歓喜が2ヶ所に映ってました。特に久保晧史選手のサヨナラ打の場面は、あの日の感激を思い出しちゃいますね。

第90回 都市対抗野球大会 日本野球連盟設立70周年記念祝賀会 J SPORTS
https://jod.jsports.co.jp/p/baseball/shakaijin_yakyu/190706-1300V?_bdld=2udUkM.mK6ZIgk.1562403345#_ga=2.175201250.1799417335.1562393046-1367628582.1561337446
J SPORTS ID とは? ←視聴にはこちらへの登録が必要です(無料)
https://jod.jsports.co.jp/web_member?_bdld=3NOYp4.mJut-ON.1562498365


190707.gifそして、毎日新聞・スポニチ記者の選んだ平成のベストナインがこちら。
このごろ社会人野球に冷たい神奈川新聞にまで掲載されてます。三菱ふそう川崎から移籍の西郷選手も含めると、10名のうち7名が神奈川の選手。随分偏っている感じもしますが、平成30年間のうち神奈川優勝が14回ですから、こうなるのもおかしくはないのか。

こういう方々を輩出するチームと戦っていたわけで、三菱横浜にとっては苦難の時代でしたよねえ。

三菱横浜の臨時コーチをしてくれていた名球会・松原誠さんと一緒に観戦していた時、日産・伊藤選手の守備を褒めていたことを思い出します。名手でした。
その伊藤さんは、「皆さんのお力もいただきながら、日産自動車が戻ってこれるよう頑張ります」 と挨拶。場内の拍手を浴びてました。
早く戻ってこられるといいなと思いつつ、減配では野球部復活はまだ難しそうです。さしあたり、九州のクラブチームを企業チームに戻せるといいのに。

今日の朝刊には神奈川以外の3名のコメント。ベストナイン詳報は12日朝刊にも掲載だそうですから、そちらで神奈川特集になるのかな。神奈川代表チームの折込特集は、明日あたりかしら。

 声の出演者たち

都市対抗が近くなると話題も続々。

J SPORTSの都市対抗中継解説者も出そろいました。
元三菱重工横浜監督の望山一生さんは、14日と17日の第一試合。
14日の解説陣は神奈川祭りです。一堂に会したら話が止まらなくなりそうな、同世代のメンツですね。

第90回 都市対抗野球大会 第2日 1回戦&2回戦
https://www.jsports.co.jp/program_guide/01/12/73225_1222575/

■第1試合
#3 『七十七銀行(仙台市) vs. ヤマハ(浜松市)』
解説:望山 一生(元三菱重工横浜監督)
■第2試合
#4 『宮崎梅田学園(宮崎市) vs. シティライト岡山(岡山市)』
解説:坂口 裕之(元JX-ENEOS監督)
■第3試合
#5 『大阪ガス(大阪市) vs. JFE東日本(千葉市)』
解説:若林 重喜(侍ジャパン社会人代表コーチ・元JX-ENEOS監督)





MHPS公式ツイッターがお知らせしてくれた、FM横浜の番組。
https://twitter.com/MHPSbaseball/status/1146901272336842752

壮行試合直前のノック中にレポート。インタビューを受けたのは、加治前竜一選手兼コーチでした。まあ加治前選手は大学相手のスタメンではないにしても、試合前にけっこう大胆な試みですねえ。皆の声や打球音も、背後に聞こえます。

1週間ほどこちらから聴けます。再生ボタンを押してみてください。

F.L.A.G. | FMヨコハマ | 2019/07/05/金 12:00-15:00
http://radiko.jp/share/?sid=YFM&t=20190705124301

 公式YouTubeに追加映像

MHPS公式YouTube。イメージムービーのフルバージョンと、監督・選手のインタビューがアップされてます。

MHPSイメージムービー 野球部編 (60秒編)
https://www.youtube.com/watch?v=a3pUdWnC4rA



MHPS野球部 後藤監督インタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=AV1Kq7qA0oo



MHPS野球部 常道選手インタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=tNg39smTeNI



MHPS野球部 大野選手インタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=ge2EDwqrtEo


皆さんのインタビューにもありますが、やはり印象深さでは直近のJX-ENEOS戦。そのヒーローとなった江越海地選手の名前が、7/8発売のサンデー毎日増刊表紙に見えます。インタビュー記事が載りそうです。


それにしても今年のMHPSは、随分と会社が力を入れてくれてますね。社長の号令なのかな。現在の河相社長は、何年か前の 「大人の野球教室」 にも参加されたくらい、野球に熱心な方のようです。今回も5試合観戦できるようスケジュールを空けられたとか。
都市対抗の5試合は、選手にとって未知の領域。特に今回は勝っても勝っても強豪が待ち受ける組み合わせですが、まずは目先のトヨタ戦で波に乗りたいですね。

「応援も仕事」先頭で 三菱日立パワーシステムズ・河相健社長 毎日新聞
https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20190625/ddm/008/020/053000c

 観戦者募集!

朝、布団の中で目覚まし時計と闘っていたら、妹からメール着信。「折り込みチラシが入ってたけど、これ応援してるチームだよね?」 と。──え!? いきなり目が覚めました(笑)。

190704-1.jpg今月はまた毎日新聞宅配契約なので、チラシを探ると中のほうにありました。三大新聞だけかな、神奈川新聞にはなし。

わお。バスを仕立てての観戦者募集。そうきましたか。毎日新聞本紙にも載ってます。
横浜・相模原の何ヶ所かから発車。相模原発だとダイナボアーズ関係者と一緒なのかな。自分は電車で向かうつもりですが、大人の遠足という感じで楽しそうですね。

申込みは、社員・後援会員以外の方もOKだそうです。下記日立トラベルビューローのサイトからどうぞ。

三菱日立、初戦の応援団募集 16日・トヨタ戦、無料バス運行/神奈川 毎日新聞
https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20190704/ddl/k14/050/065000c
MHPS 第90回都市対抗野球大会応援バスのご案内 日立トラベルビューロー
https://htb.smktg.jp/public/seminar/view/55




明日は神奈川大学野球連盟選抜との壮行試合。ただこれ横浜スタジアムのスケジュールでは 「関係者のみ」 になってますし、そのためかMHPSのスケジュールにも非掲載。

2019年7月スケジュール|横浜スタジアム
https://www.yokohama-stadium.co.jp/events/?cm=07

でも今日になって、各大学のブログが観戦を呼びかけてます。主催の大学連盟側で事情が変わったのでしょうか。行きたいけど、明日も仕事。

神奈川大学野球選抜 壮行試合について 桐蔭横浜大学硬式野球部オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/toinbb/entry-12490041048.html
神奈川大学野球リーグ所属の各チームから選ばれた25名の選抜メンバーと三菱日立パワーシステムズ(MHPS)との壮行試合を行います!
神奈川大学野球選抜VS三菱日立パワーシステムズ(MHPS)
日程:7月5日(金) /13時00分 試合開始予定
場所:横浜スタジアム
入場料:無料!!


ワールドポート・トーナメント・ベースボール世界大会について 神奈川大学硬式野球部マネージャーブログ
https://ameblo.jp/ku-baseball/day-20190704.html
7月5日(金) 13時00分より 横浜スタジアムにて
神奈川大学野球連盟選抜 対 三菱日立パワーシステムズ
入場料は無料となっております。
是非球場にお越しください


日本代表 神奈川大学野球連盟選抜・壮行試合について 横浜国立大学硬式野球部のブログ
https://ameblo.jp/ynubaseball/entry-12490070419.html
なお、明日7月5日に壮行試合が行われます。
7/5(金)13:00より
横浜スタジアムにて
神奈川大学野球連盟選抜 vs 三菱日立パワーシステムズ
入場料は無料です!
また、神奈川選抜チームが先攻1塁側となっております。
ぜひ球場まで足をお運びください!


 東芝-MHPS戦をとどろきGで

雨がずっと降っているわけではないですが、湿度が非常に高い昨今。
九州南部はようやく梅雨入りしたと思ったら、短期間に猛烈な降雨のようで、避難勧告なども出ているようですね。久木田雄介選手のご実家方面などもかなり心配です。ご無事だと良いのですが。

6月の土日は天候不順だったり体調イマイチだったりで、とうとう練習見にいかず。オープン戦観戦も多分全滅。明日の東芝戦は見にいきたかったのですけど、今回の都市対抗が全部平日のため、今休暇を取るのははばかられ。

明日の試合はもともと東芝Gの予定でしたが、今週はずっとぐずついた天候のためでしょう、人工芝のENEOSとどろきGに変更。地域の力を結集という感じですね。3チームの力を合わせて、黒獅子旗を持ち帰ってほしいものです。



今週土曜、日本野球連盟設立70周年記念祝賀会の模様をJ SPORTSがネット配信。ID登録すれば無料で見られるようです。
「都市対抗野球大会優勝3回監督のトークショー」 と聞いて、思いつくのは垣野監督・大久保監督…。このおふたりの他にもいらっしゃいましたっけか。 ※ヤマハの川島監督も3回でした。

第90回 都市対抗野球大会 日本野球連盟設立70周年記念祝賀会 J SPORTS
https://jod.jsports.co.jp/p/baseball/shakaijin_yakyu/190706-1300L?_bdld=3NOYp4.mJut-ON.1562178169#_ga=2.134969207.767561246.1562178131-2052929892.1560658034

 7月の誕生日

今月誕生日を迎える皆さまです。おめでとうございます。

190702-01.jpg
 7/3 森脇慶太マネージャー

190702-02.jpg
 7/14 成田昌駿選手

190702-03.jpg
 7/23 塩見泰史選手

190702-04.jpg
 7/30 矢野幸耶選手

190702-05.jpg7/1 小林寛さん  7/4 石井裕也さん
7/5 瀧諒太さん
7/7 松浦哲郎さん・佐々木勉さん
7/8 ホセ・ゴンザレス 7/9 野村亮介さん
7/10 田城智博さん  7/11 吉澤正さん
7/18 石附篤彦さん  7/20 鳥山雄一さん
7/21 菊池孝幸さん・中西良太さん
7/24 五十嵐大典さん・久保淳平さん
7/27 小池裕貴さん


 | HOME | 


TOTAL Pages 1