Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 長野大会/広畑−MHPS 2

第一試合は東邦ガス-伏木海陸運送。エラー5ながら、伏木が5-4でリード。この大会、伏木の頑張りが目立ちます。

伏木が勝つとポイント5。日鉄広畑はMHPS戦で勝ってもポイント3。勝っても負けても伏木以下となり、予選敗退。
MHPSは3勝なら文句なく予選1位。負けると同じくポイント3となり、伏木に及びません。

そんな感じで待機しているうち、邦ガスが9回裏5-5に追いつきタイブレーク。
邦ガスが勝つと、予選1位は広畑-MHPSの一騎打ちへと変わります。広畑にとって一喜一憂の第一試合展開でしたが、結局タイブレークで伏木が圧倒。広畑の望みは消えました。
MHPSは勝利あるのみ。ただ、予選敗退が決まった気楽な広畑相手だとむしろやりにくい、ガチガチに勝ちにきてくれたほうがつけこみやすかったのに…と選手たち。

日本製鉄広畑-三菱日立パワーシステムズ戦。スタメンです。
先発マウンドは、広畑・尾嶋佳太投手、MHPS・本多裕哉投手。同い年対決です。

190414-01.jpg

190414-03.jpg   190414-02.jpg

 
190414-04.jpg1回表。MHPSは、常道翔太選手が四球、二橋大地選手のヒットで2死一二塁。久保晧史選手のレフト前ヒットで常道選手生還。1-0

しかしその裏、内野安打・進塁打・レフト前ヒットで1-1の同点。

190414-05.jpgさらに2回裏にも、四球・盗塁・ライト前ヒットで1-2と逆転されます。
点を取ってもらった後に、あっさり相手に得点を許す。好ましくないパターンです。

5回表。ヒットで出た矢野幸耶選手。盗塁と二橋選手のタイムリーで生還。2-2の同点に。

190414-06.jpg   190414-07.jpg

しかし5回裏。四球2つで1死一二塁から、右中間タイムリー二塁打を喫し、2-4

190414-08.jpg   190414-09.jpg

190414-10.jpg三小田章人投手に交代して防戦するも、さらに三塁線を割られて2-5
点を取っても取ってもまた取られるという、野手にとってストレスのたまる展開です。

しかし集中力を切らさないMHPS。
6回表、広畑は川瀬航作投手に交代。
四球の河野凌太選手を置いて、加治前竜一選手が右中間を破る三塁打! 河野選手が長駆生還、3-5

190414-11.jpg

190414-12.jpg   190414-13.jpg

190414-14.jpg代打・竹内啓人選手も続きます。これまた右中間へタイムリーヒット、4-5

ただその後は併殺でチェンジ。
7回表にも死球・相手エラーで一二塁となりますが、得点には至らず。

190414-15.jpg7回途中から、大野享輔投手がリリーフ。これ以上1点も与えない。終盤に向けての必勝態勢です。

8回も2死一三塁まで攻めますが、得点ならず。

190414-16.jpgこれ以上後のない9回表。広畑は宮田康喜投手に交代しますが、これが裏目。力んでしまい、まったくストライクが入りません。常道選手・二橋選手が連続四球。
二橋選手の代走に、成田昌駿選手。

190414-17.jpg荒れ球に対し、久保晧史選手は投前バント成功。1死二三塁。
皆が大喜びで久保選手を迎えます。ベンチ内はもうお祭り騒ぎです。

河野選手の打球はライト前へタイムリー。

190414-18.jpg   190414-19.jpg

常道選手が還り、同点! 5-5

190414-20.jpg   190414-21.jpg

190414-22.jpg   190414-23.jpg

190414-24.jpg代走・江越海地選手と交代して戻ってきた河野選手を、皆が讃えます。今年の龍幸之介選手は丸を描くのがブームらしい。

190414-25.jpg加治前選手の打球は、ショートが捕球してセカンド封殺が精一杯。一塁セーフの間に成田選手が還り、6-5。逆転! 加治前選手に向けて、歓喜に沸くMHPSベンチです。

190414-26.jpg

成田選手を迎える選手たちが、とても良い表情。

190414-27.jpg

二塁アウトの江越選手までも、皆に歓喜で迎えられます。土壇場でみごとに突き放しました。

190414-28.jpg   190414-29.jpg

しかし9回裏。今度は大野投手が力んだか、2者三振を取りながら、四球で走者一塁。

190414-30.jpgイレギュラー気味の打球をサードが弾き、打球は大きく弾んでレフト方向へ。2死一三塁となります。
さらに死球で2死満塁。ど、どうした大野。一打サヨナラの大ピンチです。

190414-31.jpg打席は、今日ノーヒットの大野弘人選手。
ピッチャー大野・バッター大野の対決は、大野投手に軍配。ファーストゴロを久木田雄介選手がさばき、カバーの大野投手へ。勝った!

190414-32.jpg喜びのあまりか、そのまま外野方面まで走っていった大野投手。なかなか戻ってこず、皆さん待ちかねた表情で大野投手をねぎらいます。最後は肝を冷やしましたねえ。

190414-33.jpg

3勝で決勝トーナメントへ。次は長野オリンピックスタジアムで戦います。

190414-34.jpg

190414-35.jpg時に17時10分。バスは一路長野へ。
第3試合は17時15分開始とアナウンス。昨日のMHPS戦より遅い開始で、気の毒になります。本当なら3試合目が終わっていてもいい時間ですよね。
でも3試合目は2時間半で終了。今年にしては驚異的早さ。どんな試合展開だったのでしょう。

 長野大会/広畑−MHPS 1

3連勝を目指すMHPS。
かたや、伏木が勝ったことでポイントに劣り、この試合に勝っても決勝トーナメントの目がなくなった広畑。「でも気楽な分、そういう捨て身なチームは怖い」 と言うMHPSの面々でした。

試合は広畑優勢でしたが、9回表の継投が裏目。MHPSは河野凌太選手のタイムリーで同点、ゲッツー崩れの間に逆転。

しかし9回裏。エラーをきっかけに2死満塁に詰め寄られ、あわやサヨナラ負けのところを何とか踏みとどまりました。これで3勝です。

日本製鉄広畑 5-6 三菱日立パワーシステムズ
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40005/24309.html

タイブレーク勝ちがあるため、ポイント11。準決勝の相手は多分NTT東日本だと思いますが、未確定。またのちほど。



今日誕生日の二橋大地選手。明日誕生日の龍幸之介選手。明日は見に行けなさそうですけど、良い誕生日になりますように!

190414.jpg

 | HOME | 


TOTAL Pages 1