Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 スポニチ/MHPS−理化

戦った記憶のない相手なので、どんな試合になるか想像がつきませんでしたが。
終わってみれば見事なコールド勝ち。江越海地選手や竹内啓人選手の特大ホームランも飛び出し、ブロック1位確定です。

そして本日の結果、決勝トーナメントの順位はこうなると思います。
1位: 東芝、ポイント12・総失点3
2位: MHPS、ポイント12・総失点5・得失点率差0.573
3位: 日本新薬 ポイント12・総失点5・得失点率差0.415
4位: 明日直接対決スバル-NTT西の勝者 どちらが勝ってもポイント12未満



前2試合がそこそこ長く、14時開始予定が15時44分開始。昼間は暑いくらいでしたけど、日が陰ると風も冷たくて寒い。この時期のナイトゲームは、上着をお持ちになったほうが良いと思います。

190313-01.jpg阪本さんたち、野球部OBご一行。横浜スタジアムだと見にきやすくていいですよね。
その上方には赤い富士大野球部。久保選手の後輩たちが、春遠征移動日に試合見学のようです。

三菱日立パワーシステムズ-東海理化戦。スタメンです。
先発マウンドは、MHPS・荒川一輝投手。理化・松浦友人投手。

190313-02.jpg

190313-03.jpg    190313-04.jpg

190313-05.jpg2回表にリボンビジョンのパネルがはずれたようで、修復。なかなかうまくはまらず、荒川投手は5分近くマウンドで待ちました。
集中力を欠きそうな状況ですが、落ち着いて打者を三振に斬ります。

三塁側は陰ってかなり寒い。マウンド上を、照明塔の長い影が横切ります。

190313-06.jpg

2回裏。河野凌太選手センター前、久保晧史選手レフト線へ連打。久木田雄介選手は四球を選び、1死満塁。

190313-07.jpg対馬和樹選手の打球を、ゲッツー狙いのショートがセカンドへ悪送球。この間に2者生還、2-0
今日も相手ミスに乗じた得点です。この大会、ついてます。

190313-08.jpg


190313-09.jpgさらに鶴田翔士選手がライト前へ弾き返し、久木田選手が還り3-0

190313-10.jpg江越海地選手のヒットで、ふたたび1死満塁。
矢野幸耶選手はレフト犠牲フライ。対馬選手が還り4-0。今日も幸先良いスタートです。

が、3回表。理化の野田賢志選手がファースト横を抜くヒット。山上恭秀選手がセンター前で
1死一二塁。さらに四球で1死満塁。
せっかく4点取ったあとなのに、ここで前日のように3点とか取られると、試合の行方がまた分からなくなります。非常にイヤな感じですが、今日も踏ん張ります。

サードへの痛烈なゴロを久木田選手が捕球。ベースを踏み、ホームへ転送。対馬捕手がタッチしてゲッツー完成。大ピンチを0点で切り抜けました。流れを相手に渡さぬために、このプレーは非常に大きかったです。

190313-11.jpg   190313-12.jpg

そして、ピンチのあとにまたチャンス。
3回裏。今度は河野選手四球、久保選手がヒット、久木田選手は死球でまた1死満塁。
対馬選手が今度はレフト前タイムリー。久保選手は間一髪の好走塁。またも2者生還、6-0

190313-13.jpg   190313-14.jpg

190313-15.jpg

鶴田選手は四球でふたたび1死満塁。江越選手が倒れるものの、矢野選手は死球で押し出し。7-0。早くもコールド勝ち圏内。

190313-17.jpg常道翔太選手はサード強襲ヒット。久木田選手生還、8-0

4番に座った二橋大地選手でしたが、この回ひとりで2アウト。今日は残念ながらノーヒットでした。

190313-18.jpg4回表には三連打をくらい、犠牲フライで1点返されるものの。

190313-19.jpg後続は本多裕哉投手への継投で食い止めました。8-1
荒川投手が感謝の表情で、本多投手を迎えます。

190313-20.jpg   190313-21.jpg

5回裏、江越選手の3安打目は、打った瞬間ホームランの軌道。やがて音がゴ~ンと響き渡りました。ライト上段看板に当たる特大ホームランです。9-0
前日に公式戦初ホームランだったという江越選手。オープン戦などでは結構打ってた気がするので、意外です。連日の一発。

190313-22.jpg  190313-23.jpg

190313-24.jpg   190313-25.jpg

190313-26.jpgだいぶ暗くなってきました。5回が終わったところで照明点灯。
空には半月。

6回裏、代打・竹内啓人選手も、バックスクリーンへの特大ホームラン。スタンドの寒さを吹き飛ばすホームラン2発でした。10-1

190313-27.jpg  190313-28.jpg

190313-29.jpg7回表。浜屋将太投手が抑えでマウンドに。

レフト前ヒット2本を許し1死一二塁になりますが。次打者のライトフライを、常道選手が全力でファーストに返球。一塁走者戻り得ずゲッツー。いやあ、常道選手の肩は貢献大ですねえ。

190313-30.jpg   190313-31.jpg

10-1で7回コールド勝ち。相手四死球とエラーを効率良く得点に結びつけました。

190313-32.jpg

190313-33.jpg

三菱日立パワーシステムズ 10-1 東海理化 7回コールド
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40008/23974.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/shakaijin/2019/sponichi/dasoku.html?oygame=20194786272

190313-34.jpg3試合とも相手が勝手に自滅してくれてる感はありますけど、そういう運も必要です。
神宮の東ガス-パナはまだ試合中ですが、こちらは消化試合となりました。

準決勝は新薬と。覚えてる限りでは、都市対抗で佐々木勉選手が榎田宏樹投手の完封寸前を打ち砕いたもののタイブレーク負け。昨年四国大会準決勝での敗戦。どうも分が悪い。
金曜日、神宮の第2試合。11:30開始予定です。

 | HOME | 


TOTAL Pages 1