Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 さらに石井投手

181013.jpg10/1付けの道新スポーツが届きました。
同日のスポニチや日刊スポーツを購入したら、石井裕也投手の記事は小さく文字記事だけ。北海道ではどうだろうと検索して、こちらの一面記事を見つけました。問い合わせたら、「在庫はあるので郵送できます」 とのことで、送ってもらったのがこれ。送料込み183円也でした。
道新スポーツ
https://www.hokkaido-np.co.jp/dosports

先日の 「こども手話ウィークリー」 がアーカイブされました。あと1週間くらい見られそうです。
NHK手話ニュース
http://www.nhk.or.jp/shuwa/

日にち未定ですが、TV朝日の朝の番組内でも特集されるらしいです。どんな内容になるのかな。

 投手寿命を分かつもの

レコーダーに 「石井裕也」 をキーワード登録しておいたら、「こども手話ウィークリー」 が録画されてました。冒頭、ズバッと胸のすくようなストライク。三菱横浜時代のブルペンの様子や、ドラフト指名会見の場面なども。14年間を振り返る、なつかしい映像でした。
こちらのサイトにアーカイブされると良いのですけど。
NHK手話ニュース
http://www.nhk.or.jp/shuwa/

北海道日本ハムファイターズの公式YouTubeに、2分ほどの動画。引退のスピーチは、何度見ても泣けます。
【引退セレモニー】石井裕也のしたためた想い。  北海道日本ハムファイターズ
https://www.youtube.com/watch?v=JNmFTXAsBOc

こちらはスポーツ報知の記事。同じ日の話ですが、微妙に内容が更新されてます。
現役引退の石井裕が“臨時打撃投手”デビュー「打たれても気持ちがいい」
https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181002-OHT1T50138.html
石井裕、“臨時打撃投手”志願「打たれても気持ちいい」期間限定でチーム支える
https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181002-OHT1T50220.html




一方、こちらは残念なお知らせ。福地元春選手に戦力外通告。

2019年シーズン 選手契約について 横浜DeNAベイスターズ
http://www.baystars.co.jp/news/2018/10/1003_02.php

 今野さんが神奈川県旗手に

180930.jpg今朝の神奈川新聞に、福井国体開会式の記事。
神奈川県選手団の旗手を、今野貴之さんが務めたそうです。
体調崩して野球部引退したコンちゃん。今はすっかり回復してソフトボールをやっていると、以前語ってくれましたけど。すごいなあ。国体レベルまでいったのですねえ。

しかも記事によれば、14年ぶりに大会出場を決めた神奈川チームの主将だとか。三菱横浜時代、選手権出場を決めたサヨナラホームランのことなども書かれています。

福井国体開幕、神奈川選手団「目標5位以内」 カナロコ
http://www.kanaloco.jp/article/363113 ※有料記事

国体結団式開催される 神奈川県ソフトボール協会
http://softballkanagawa.sakura.ne.jp/lit1312.htm 
ソフトボール競技 組合せ表 福井しあわせ元気国体2018
https://www.fukuicity-kokutai.jp/wp-content/images/5d289564ccee2c2c3e11689920516093-1.pdf

 9/30は石井投手引退セレモニー

9/30(日)石井裕也投手の引退セレモニーを開催 北海道日本ハムファイターズ
http://www.fighters.co.jp/news/detail/00001360.html

札幌へ行きたしと思へども札幌はあまりに遠し
せめてはGAORAを契約してから伊勢への旅にいでてみん
──という感じかな。ご存じの方もいらっしゃると思いますが、萩原朔太郎のパロディです、はい。 しかし伊勢大会の土日月、降水確率80%…。

日ハムが石井裕也投手の引退セレモニーをおこなってくださるとのこと。泣きそう。球団に感謝です。
三菱重工横浜出身としては、西武・石井貴投手以来の計らいですね。同姓なことといい、おふたりともそれぞれ神奈川県下の高校から三菱横浜へ。奇遇です。

神奈川新聞によれば、引退選手特例で登板機会を設ける方針とのこと。鶴岡慎也捕手とのバッテリーが見られたら最高です。

 石井裕也投手が引退

先日は、三菱重工長崎→ダイエー(ソフトバンク)→読売の杉内俊哉投手が引退。
今日は横浜高校→法大→西武→DeNAの後藤武敏選手が引退と、松坂世代引退の話題が目立ちます。ちなみに後藤選手は、亀川裕之さんの大学時代の仲間でした。

巨人・杉内引退表明 三菱重工長崎時代の同僚ねぎらう 長崎新聞
https://this.kiji.is/412806367137596513


そんな中。そのひとつ下、日ハム・石井裕也投手も引退だそうです。

石井裕也投手引退のお知らせ 北海道日本ハムファイターズ
http://www.fighters.co.jp/news/detail/00001356.html

「サイレントK」の14年 聞こえないプロ投手が引退 朝日新聞/yahoo
https://www.asahi.com/articles/ASL9Q46QXL9QUTQP01V.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00000041-asahi-spo
日本ハム石井裕也が引退表明「とても幸せでした」 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809220000457.html

180922.jpg三菱重工横浜がクラブチームだった時代に、門西投手・矢島投手らとともに三本柱だった石井裕也投手。左耳の聞こえない石井投手を育てるために、望山一生監督らはボードを使って意思疎通をはかるなど、いろいろ工夫されていたとか。
肩の故障もありビデオ係だったことも多かったですが、のちに都市対抗予選で活躍。2年連続補強選手となり、中日にドラフト指名。その後、横浜・日ハムへ移籍となりました。

プロ入りしてからも、都市対抗予選の応援によく来てくれたり、オフには練習に来られたり。結婚後は千葉県に新居をかまえたので、なかなか金沢Gに顔を見せることもなくなりましたが。

14年のプロ野球生活お疲れさまでした。これからどうされるのかな。

 都市対抗/大阪ガス優勝

右側にホームベース、左手にライトポール。三塁側バルコニー席からの眺めです。
外野まで2ブロック埋めた一塁側・大阪ガス。ポール際まで埋めた三塁側・三菱重工神戸・高砂。ライトスタンドの赤い集団が目立ちますが、どこかの少年野球チームのようでした。

180724-01.jpg

太鼓やドラムも置いてあるのに、なぜか滅多に叩かない神戸高砂。その代わりに、チアスティックの音が響き渡っていました。壮観でしたねえ。

180724-02.jpg

大阪ガス・温水賀一投手、神戸高砂・守安玲緒投手の投げ合いで、終盤まで0-0。得点機はどちらかといえば神戸高砂のほうが多かったように思います。ホームランかエラーで決着がつきそうな展開でしたが、大阪ガスが8回裏に安打を集めて2点をもぎ取り、そのまま逃げ切りました。

180724-03.jpg

歓喜の輪と紙テープを重ねたかったのですけど、角度的・本数的にイマイチ。でも、同じ色だけの紙テープがとてもきれいです。

180724-04.jpg

どちらが勝っても初優勝という決勝戦。黒獅子旗・白獅子旗がともに関西へ。

180724-05.jpg   180724-06.jpg

橋戸賞・首位打者賞は、大阪ガス・近本光司選手。久慈賞は神戸高砂・守安投手。
勝っていたら3試合先発の守安投手が橋戸賞だったでしょうけど、残念ながら好投が報われませんでした。補強の藤井貴之投手とふたりだけでまかなったマウンド。富光男監督の投手起用はずいぶんと極端です。

180724-07.jpg銀色の本田メダルをかけてもらった、左端・和氣暉親選手。おめでとうございます。まさかこんな日がこようとは。
ヒットでの出塁は三塁側大盛り上がりでした。先制のホームを踏みたかったですね。

大阪ガス 2-0 三菱重工神戸・高砂
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/23119.html

 都市対抗/神戸高砂-セガサミー

三菱重工神戸高砂が、橋戸賞投手を補強して快進撃中。

今日はセガサミーとの準決勝。仕事終えて到着すると、もう5回裏。早い展開の投手戦でした。
バルコニー席に座ったら、並びで見ていたらしきMHPSのOB福田芳幸さんご夫妻が挨拶に来てくれまして。あら、よく見つけてくださいました。

180723-1.jpg

1回裏に先取点の神戸高砂。どうやら和氣暉親選手がホームを踏んだよう。1-0
以後、何度も何度もスコアリングポジションに走者を送るのですが、攻めきれず。

6回裏のセガサミーは、3投手継投での防戦。石垣永悟投手が出てきた時は、追加点が欲しいやら、石垣投手が打たれるところは見たくないやらで、複雑な気持ち。石垣投手は、三菱横浜OB石垣健志さんの息子さんです。

180723-2.jpg

日本生命から補強の藤井貴之投手はまったく危なげなく、スミ1のまま9回突入。
しかし9回表、四球・ヒットで2死二三塁。一打逆転のピンチに心臓バクバクでしたが、最後はサードゴロで完封勝利! 
神戸高砂は3試合連続完封、うち藤井投手が2試合完封、これまでの失点は1点だけという驚異的な投手力です。

180723-3.jpg他の選手が見守る中、その藤井投手がヒーローインタビュー。
でも富光男監督にマイクが移ると、皆帰り支度。ひどいわ(笑)。

三菱重工神戸・高砂 1-0 セガサミー
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/23117.html


明日の決勝は、大阪ガス-三菱神戸高砂の近畿対決になりました。
両チームとも補強は日生から3選手。神戸高砂は、打線のほうでも補強選手がしっかり機能しているようですね。

前へ << | HOME | 


TOTAL Pages 35