Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 ベンチアウト組と桜

先に午前中の様子から振り返ります。
金沢Gの桜は満開でした。スコアボードの後ろにもちょっとだけ咲いてます。

180331-01.jpg   180331-02.jpg

今日は神宮球場で六大学との対抗戦。でも第2試合なので、午前練習終わったあとでも間に合いそう。桜の咲き具合と、残ったメンバーはどんな練習をしているのか興味津々なのでした。

180331-03.jpgいつもは高安健至コーチがベンチアウト組担当ですが、今日の相手は高安コーチの母校・慶大とあって、坂上真世コーチがこちら担当。
   
180331-07.jpg練習手順はいつもとほぼ同じ。
メンバーが足りないため、坂上コーチの長男・蒼空くんがノックのお手伝い。お父さんと同じセカンドをしっかり守ってました。この4月からは都筑中央ボーイズに入られるそうです。

180331-04.jpg 180331-05.jpg 180331-06.jpg

180331-08.jpg蒼空くんも一緒にバナナタイム。いつもと同じ36本来てしまい、この人数でどーすんだこれ状態。まあ日持ちはしますけれども。

このバナナ。以前うかがったところでは、練習中のエネルギー補給と、筋肉組成に効果があるのだそうです。

180331-12.jpg満開の桜のもと、淡々と練習は進みます。
飛びかうボールの数が少ないため、いつもより危険度は低く。いつもは撮れない角度から撮らせてもらったものも何枚か。

180331-09.jpg   180331-10.jpg   180331-11.jpg

180331-13.jpg

180331-14.jpg   180331-15.jpg   180331-16.jpg

180331-17.jpg

180331-22.jpg

浜屋将太投手も混じって、特打。

180331-18.jpg   180331-19.jpg   180331-20.jpg

180331-21.jpg浜屋投手の快打連発を見て、三小田章人投手も参戦。でも伸びがいまひとつで、苦戦されてました。

打撃センスもなかなかの浜屋投手ですが、でも致命的に足が遅いので打者転向はできそうにないのだとか(笑)。

荒川一輝投手も特打に参加。「ここしか打てない」 というコースを佐々木玄捕手に投げてもらい、みごと柵越え。何度も跳びあがって喜ぶ荒川投手でした。

180331-23.jpg   180331-24.jpg   180331-25.jpg

180331-26.jpg望み通りのコースに投げてくれた佐々木捕手ともハイタッチ。

その荒川投手から、「奥村さんのバッティング撮ってきてください」 とリクエスト。あ、そうか。六大学対抗戦ではDH無しでしたね。開始に少々遅れても…とのんびりしてましたけど、こりゃ遅れちゃならぬ。
「行ってきまーす」 とグラウンドを後にしました。

 明日は東京六大学-社会人対抗戦

300330.jpgこれは先日通った、目黒川の下流。お散歩カメラが充電切れだったため、やむなくスマホにて。

今日あたり、夜桜の下は賑やかでしょうね。

明日は神宮球場で慶大-MHPS戦。13時半開始予定ですが、多少遅れそうな気もするので、午前中はベンチアウト組の練習見にいこうかな。金沢Gの桜がいい感じの散り具合じゃないかと思うのですけど、どうかなあ。

 神奈川2校明暗

選抜高校野球。昨日は聖光学院-東海大相模の録画を見ている途中、思いきり寝落ち。起きたらもう朝でした(笑)。初回で勝負はついていたので、まあいいや。
12-3。相模の猛攻というより、やっぱり四死球は点に繋がるなあという印象。聖光は背番号1が故障だそうで、残念でしたね。

今日は彦根東-慶應のラジオを聞きながら仕事。終盤、点の取り合いとなった佳境で、親会社から電話。対応しているあいだに試合終了となりました。あー、ダメだったか。あと1点、惜しかったですねえ。点を取れる時にはしっかり取っておかないと、ちょっと逆転したくらいではさらにひっくり返されてしまう危険性が…と思った試合でした。

明日は日大三高、東海大相模が再登場。電話かかってきませんように(笑)。

 写真は嘘をつく

180325-01.jpg都内では早くも桜の満開宣言。金沢Gの桜も撮り頃かなと思ったら、ベンチ裏の桜はまだまだちらほら段階でした。

180325-02.jpg

外野の向こう側では、それなりに咲いている感じですが。

180325-03.jpg

でも背景に桜を絡めつつカメラの液晶で確認してみると、ベンチ裏も満開のように見えることが多々。「写真は嘘をつかない」 なんて言葉がありますが、いやいや、写真は撮り方次第でかなり嘘つきです。

とりあえず、桜を背負った選手たちをベタ貼り。

180325-04.jpg   180325-06.jpg   180325-08.jpg

180325-05.jpg   180325-07.jpg

180325-09.jpg   180325-10.jpg   180325-12.jpg

180325-11.jpg走塁練習中、和気藹々。

八戸大卒の中西良太選手と、
八戸勝登選手。
「はちのへ」 と 「やえ」。日本語は豊かです。

180325-13.jpg   180325-14.jpg   180325-17.jpg

180325-15.jpg   180325-16.jpg

180325-18.jpg 180325-19.jpg 180325-20.jpg

180325-23.jpg 180325-21.jpg 180325-22.jpg

180325-24.jpg   180325-25.jpg

来週末は神宮で六大学対抗戦。散る桜は今年も撮れなさそうです。

個人練習はまだ続いてましたけど、桜が撮りたくてグラウンドを後にしました。
周辺は、白い山桜がだいぶ花開いてました。

180325-26.jpg   180325-27.jpg

180325-28.jpg   180325-29.jpg

180325-30.jpg外野方面から練習を盗撮(笑)。
坂上真世コーチの投球を、成田昌駿選手が打ち返したところです。

 県春季/閉会式

三菱日立パワーシステムズが2連覇。神奈川県春季大会、閉会式です。

180324-01.jpg

毎日新聞社・神奈川新聞社から、優勝旗が授与されます。平野智基主将と、いちばん背の高い常道翔太選手が受け取りました。

180324-02.jpg

最高殊勲選手賞は、タイブレーク勝ち越しの一打を放った平野選手。守りでもしっかりチームを牽引しました。

180324-03.jpg   180324-04.jpg

180324-05.jpg敢闘賞・首位打者賞をダブル受賞の、ENEOS・小豆澤誠選手。
決勝戦は長短打で打率10割でした。驚異的な新人です。うるさくて、渡邉喜美男選手並みにイヤな選手になりそうです。←褒めてます。

スコアボードが新しくなった保土ヶ谷球場。雨で順延順延となり、コンディション調整も大変だったと思います。金港クラブには気の毒な日程でしたが、なんとか保土ヶ谷で決勝までできて良かったです。

180324-06.jpg


180324-07.jpg【今日のおまけ】
ENEOS・小林遼捕手は、久保晧史選手の大学の後輩。富士大では1年秋から正捕手。久保選手とは2年間一緒にプレーしたそうで、背番号も受け継いだとか。大学全日本にも選出された、強肩巧打の逸材だそうです。

山岡剛捕手引退以後、ENEOSは捕手難でしたが。山岡監督のお眼鏡にかなう捕手になれるでしょうか。また都市対抗予選での対戦を楽しみにしておきましょう。

 県春季決勝/MHPS-ENEOS

180323-01.jpg外野の桜が咲きはじめた保土ヶ谷球場。最初は曇って寒かったですが、途中から晴れ。
決勝戦にふさわしい、どちらも譲らぬ戦いとなりました。タイブレークに入ってからは息もつかせぬ得点の応酬。まだ興奮冷めやりません。

180323-02.jpg


では、その三菱日立パワーシステムズ-JX-ENEOSの決勝戦を振り返ります。
試合1時間前に着いたら、三塁側室内から地鳴りのような、音? いや、声? ENEOSがウォーミングアップ中なのだと思いますが、異様な雰囲気が伝わってきました。3年連続都市対抗を逃すわけにいかないENEOS、必死さがうかがえました。

180323-03.jpg

スタメンです。先発マウンドは、25歳になったばかりのMHPS・松田浩幸投手。ENEOS・鈴木健矢投手。左打者の多いMHPSなので左澤優投手でくるかなと思いましたが、下手投げがきたのはちょっと意外。そしてむしろMHPSのスタメンは、いつもより右打者多めでした。

180323-04.jpg

180323-05.jpg    180323-06.jpg

1回表。1死から、鶴田翔士選手が右中間深々の三塁打。

180323-07.jpg   180323-08.jpg

180323-09.jpg龍幸之介選手はレフト前タイムリー。1-0
還ってきた鶴田選手を迎えるMHPSベンチです。

180323-10.jpg


180323-11.jpgしかしENEOSも1回裏、先頭・小豆澤誠選手が同じような三塁打。
セカンドゴロの間に還り、1-1

さらに死球・ヒットで1死一二塁。しかもしぶとい山崎錬選手を迎え、一打逆転の場面。ここは、きれいに4-6-3のゲッツーでしのぎました。

180323-12.jpg

3回表。2死から龍選手がセンター前ヒット。竹内啓人選手の大飛球は、レフトが飛びつくも一瞬及ばずフェンスに当たります。

180323-13.jpg  180323-14.jpg  180323-15.jpg

180323-16.jpg一塁から龍選手激走。2-1と再度突き放します。
二塁上の竹内選手に向けて、歓喜のMHPSベンチでした。

180323-17.jpg

4回はヒット2本とワイルドピッチで二三塁、5回には四球ふたつで一二塁とチャンスでしたが、後続なく。この間にENEOSは、西島隆成投手・船本一樹投手に継投します。

180323-18.jpg5回裏、松田投手が突如乱れ、3連続四死球で1死満塁。どうした松田。
厳しい場面で、浜屋将太投手に交代します。

180323-19.jpg渡邉喜美男選手は一二塁間を破るタイムリーヒット。三塁から小林遼選手が還り2-2。二塁走者も三塁を回りました。

180323-20.jpgしかしライト・渋谷ロバート選手からの返球が、平野智基捕手のミットに。
タッチアウトー!
逆転を覚悟しましたが、大いに盛り上がるプレーでしたねえ。

ベンチに戻ってきて 「練習よりうまいじゃないか!」 と皆から大歓迎された渋谷選手。「奇跡です」 「奇跡です」 と苦笑されてましたが、この感触を練習でしっかり定着させてくださいね。

ピンチの後にチャンスあり。
6回表には、今度はMHPSが代打・園田崇人選手のクリーンヒットと鶴田選手の内野安打、四球で2死満塁としましたが、残念ながら無得点。ここまで残塁11、また残塁祭りです。

園田選手はすぐ代走と交代し、「今日の仕事は終わったな!」 と皆からねぎらわれ(笑)。この試合を楽しんでいる雰囲気が、ベンチからも伝わってきました。

180323-21.jpg8回から本多裕哉投手。
9回裏にヒットと四死球で2死満塁、サヨナラの危機。しかも打者は怖い渡邊選手。
しかしここはセンターフライ。途中交代の江越海地選手が拝み取り。同点のまま9回終了しました。ホッ。

決勝戦ですがタイブレーク適用。今年から国際ルール順守で、打順そのまま、無死一二塁から。

180323-22.jpgMHPSは6番からの下位打順。セオリー通り、バントの村山正誠選手。投手前にころがして、走者を進めます。
「メッチャ緊張した!」 とベンチに戻ってきた村山選手。ここで三封やゲッツーだと、流れが相手にいきますもんね。大事なお役目お疲れさま。

一塁が空きました。途中交代の八戸勝登選手は、四球を選び1死満塁。去年までのタイブレークの形になりました。

平野選手は粘ってレフト前ヒット。三塁から竹内選手が還り、まず1点

180323-23.jpg   180323-24.jpg

1点が入ったことでイケイケの雰囲気になりました。つづく江越選手はライト前ヒット。代走・常道翔太選手が還り、2点目。次打者・久保晧史選手とタッチ。

180323-25.jpg   180323-26.jpg

久保選手はレフトへ犠牲フライ。八戸選手がタッチアップ、3点目
外野方向から久保選手、本塁方向からは八戸選手が、それぞれベンチとタッチをかわしました。方式も変わり下位打順ですし、1点取れるかどうかと思ってましたが、大きな3点です。

180323-27.jpg   180323-28.jpg

セオリー通りの攻めだったMHPS。一転、ENEOSは強攻策。岡部道織選手は強振、レフト線へ打球を運びます。二塁から小豆澤選手が還り、あっさり1点

180323-29.jpg   180323-30.jpg

180323-31.jpg次打者に四球、無死満塁になりました。こうなるともう、2点差なんてないも同然。絶対ひっくり返されると覚悟したところで、奥村政稔投手に交代です。奥村投手まで注ぎこみたくなかったなあ。

四球で押し出し。2点目
次打者はショートに打ち上げ、インフィールドフライ。これでようやく1死。でもまだ満塁。

マイナス思考の自分としては、前進守備の外野を抜かれる場面などを想定しながらファインダーをのぞいておりましたが。

180323-32.jpg松本大希選手の打球は、ワンバウンドで奥村投手のグローブへ。奥村投手は落ち着いて平野捕手へ送球。そして一塁へ転送され、ホームゲッツー完成。よし、チェンジだ。
あ、違う。これで試合終了!

ホッとした笑顔を見せる奥村投手に、皆が駆けよります。一発逆転の場面をよくぞ抑えてくれました。

180323-33.jpg   180323-34.jpg

180323-35.jpg

拍手で引き上げていく選手たち。
5-4、薄氷の勝利。最後は都市対抗予選並みに、しびれる展開でしたねえ。むりやり会社休んだ甲斐がありました(笑)。

180323-36.jpg

180323-37.jpg

三菱日立パワーシステムズ 5-4 JX-ENEOS
http://www.jaba.or.jp/score_book/5/50031/21780.html

 県春季/MHPS-金港

9時開始予定が、結局2時間近く遅れてプレイボールだった模様。
順延につぐ順延のせいか、金港さんは9名しか集まらなかったとか。気の毒としか言いようがありません。でも、初回に大量点で試合壊れるんじゃなかろうかと思いきや、しっかり9回まで戦いました。MHPS、相手に合わせる伝統は健在なり。

23日が誕生日の荒川一輝投手が完封勝利。奪三振も多かったけど、与四球も多かったみたいですね。カウントや戦略にもよりますが、四球出すなら打たれたほうがまだいいなあ。
打撃陣は、今日の分も明日打ってください。

三菱日立パワーシステムズ 2-0 横浜金港クラブ
http://www.jaba.or.jp/score_book/5/50031/21778.html


試合開始前に日程変更がJABAに掲出され、ワンデーマッチが再び2日間に分解されました。
今日は仕事を大至急やりあげて、途中からでも決勝を見にいくつもりでしたが…。明日は打ち合わせがあるので行けません。でもダメモトで 「来週にずらせませんか」 と打診してみたら、これが何とか通りまして。よっしゃ、休める。

ということで、明日は10時半からJX-ENEOSと決勝戦です。

 雪の休日

180321-01.jpg昨日の天気予報で覚悟はしてましたけど。
起きたらやっぱり雪!
昼には1センチくらい積もってました。

180321-02.jpg休日に降雪なんて、めったにない撮影日和です。

近所の軟式球場。雪に覆われるスコアボード。

ほころび始めた桜も寒そうです。

180321-03.jpg   180321-04.jpg

ユキヤナギに雪が降る。ダジャレのような風景でした。

180321-05.jpg

その後みぞれになり、今は雨。横浜はどうだったのかな。

この天候で昨日今日順延になった県春季大会。準決勝・決勝をせっかく2日間に分けたのに、明日までしか保土ヶ谷球場が使えないとあって、結局ワンデーマッチに変更となりました。
明日午後は晴れるようですけど、雨は朝まで降り続くようなので、グラウンドコンディション大丈夫でしょうかねえ。9時に始められるか微妙かな。
決勝だけ何とか見にいけないだろうかと、画策中。

【3/22追記】
22日は準決勝のみ、23日10時半から保土ヶ谷で決勝に、再度変更されました。

 長野大会組合せ

長野大会の組み合わせが発表になりました。
三菱日立パワーシステムズはCブロック。対戦は以下の通りです。

第60回 JABA長野大会 組合せ
http://www.jaba.or.jp/taikai/2018/jabataikai/pdf/nagano.pdf
4/18(水) 8:30 MHPS-新日鐵住金東海REX 長野県営球場
4/19(木)11:30 フェデックス-MHPS       長野オリンピックスタジアム
4/20(金)13:30 MHPS-NTT西日本       長野県営球場
4/22(日) 準決勝・決勝               長野県営球場


長野からさらに遠い中野球場には、行かなくてすみました。
しかし、また迷う日程ですねえ。木金休もうか、天候によっては金・月もありかな。前回参加の時は順延スケジュール予想がハズレてしまい、予選勝ち抜いたのに決勝トーナメントが見られなかったんですよね(^^;

冷たい雨の中で高井一樹投手が好投したことや、微妙なジャッジにモヤモヤしたことを思い出します。懐かしいな長野。

 県春季/MHPS-全川崎

第1試合は9時開始予定。クラブチーム同士の対戦なので普通に2時間半~3時間ゲームになるだろうけど、MHPSの練習も見たいので早めに10時10分頃グラウンド到着。すると入口付近にMHPS首脳陣がいらっしゃり、「10点目入ったのでもう終わりますよ」。
え??

180318-01.jpg横浜中央クラブが猛攻で、5回コールド勝ち。1時間半で終わってしまいました。

180318-02.jpg第2試合11時半開始予定が、10時52分プレイボール。
都市対抗・選手権だけは開始時間が早まることはありませんけど、その他の大会はのんびり行くとやはり危ないですねー。

今季初公式戦。先発マウンドは、MHPS・田中宏章投手。登板を初めて見ますが、オーソドックスな上手投げですね。全川崎は中村裕介投手。全川崎HPを拝見すると内野手掲載、でも昨年の予選パンフでは投手登録です。アナウンスがないため、スタメン分からず四苦八苦。

180318-03.jpg   180318-04.jpg

全川崎クラブ
7大関 4柴田 9中野 5水木 8佐野 3榎本 DH有田 6久保 2岩永 1中村
三菱日立パワーシステムズ
9八戸 7中西 4久保 DH龍 5竹内 3村山 8江越 2平野 6鶴田 1田中


2回裏。1死から、村山正誠選手がライト前へチーム初ヒット。江越海地選手はライト線2ベースで二三塁。

180318-05.jpg   180318-06.jpg

180318-07.jpg2死二三塁となったあと、連続四球。村山選手が押し出しでホームイン。1-0
さらに死球で江越選手も押し出し。2-0

久保晧史選手は左中間を破るタイムリーヒット。鶴田翔士選手・八戸勝登選手が相次いでホームイン。4-0。この回打者一巡。

180318-08.jpg   180318-09.jpg

180318-10.jpg   180318-11.jpg

3回裏はエラー出塁の江越選手。二盗三盗を決め、さらにまた連続四球で2死満塁。しかしここは無得点。早くも6残塁。

4回表、全川崎の攻撃。四球で先頭を出し、ヒット・犠打・サードゴロの間に1点。4-1。1回3回4回と先頭を出してしまった田中投手。このへん反省点かな。

180318-12.jpg4回裏。四球出塁の中西良太選手が盗塁成功。

180318-13.jpg久保選手のショートゴロは、投げてもタイミング微妙。ボールがそれる間に中西選手が三進。記録は1ヒット1エラーでした。無死一三塁。

竹内啓人選手の打球は、ポテンヒットになるかと思うような浅めのレフトフライ。でも中西選手の足なら充分でしょう。タッチアップでホームイン。5-0。「ナイスカバー」 と、竹内選手が中西選手をねぎらいました。

180318-14.jpg   180318-15.jpg

今日の全川崎守備陣、特に外野が良かったですねえ。打球の下に一直線。無駄のない追い方ばかりでした。自分的備忘でファインプレーにはFPとスコアに書きこんでいるのですが、今日は全川崎側にFPだらけ。

180318-16.jpg  180318-17.jpg  180318-18.jpg

180318-19.jpg5回から藤本鈴也投手。6回になるところでベンチ横からネット裏に撮りにいこうかと移動中、ゴーンと鈍く響く音。
全川崎・水木裕也選手が、ライトポールに当たるソロホームランを打ったらしいです。5-2

180318-20.jpg   180318-21.jpg

取られたら取り返しましょう。6回裏も打者一巡。まず、代打・渋谷ロバート選手がセンターオーバー2ベース。タッチアップで三塁へ。

180318-22.jpg   180318-23.jpg

2死三塁となったあと、龍幸之介選手がセンター前タイムリー。渋谷選手が還り、6-2

180318-24.jpg   180318-25.jpg

180318-26.jpgここまで、良い当たりをことごとく好捕されていた竹内選手。ようやくセンターの頭を越す2ベースヒット。龍選手が一塁から長駆生還して7-2

180318-27.jpg   180318-28.jpg

さらにまた3四死球で押し出し。8-2。あと1点取れば7回コールドゲームですが、残塁。この試合結局10残塁でした。

7回表はヒット・四死球で満塁にしてしまうものの、なんとか無失点。

180318-29.jpg7回裏。代打・河野凌太選手が四球で出塁するも、2死となり。この回でのコールドはちょっと厳しいかなあと思うところで、河野選手が盗塁。おっ、これで一打サヨナラじゃないですか。ナイスナイス。

180318-30.jpgそして代打・園田崇人選手。渾身の振りはライトオーバー。
河野選手が還り9-2

180318-31.jpg   180318-32.jpg

7回7点差、コールド成立。サヨナラです。

180318-33.jpg   180318-35.jpg

180318-34.jpg

三菱日立パワーシステムズ 9x-2 全川崎クラブ  7回コールド
http://www.jaba.or.jp/score_book/5/50031/21750.html


【今日のおまけ】
180318-36.jpgお昼時の試合。高橋保さんが、大きな鍋でうどんをふるまってくれました。いつもながらの美味。ごちそうさまでした。

180318-37.jpg八戸選手のファウルが三塁側ベンチ上のライトを直撃。左上のライトが割れてグラウンドにパリパリと落下しました。ライトが割れたの見たの初めて。

明日の昼間は何とか天気がもちそうですけど、明後日以降どうでしょうね。

 県春季大会はじまる

金曜は冷たい雨の中、開幕したそうです。
昨日今日はクラブチーム同士の対戦。この結果、三菱日立パワーシステムズの明日の相手は、全川崎クラブに決まりました。金沢Gでの第2試合です。11:30開始予定。

順調にいけば21日祝日が決勝なのですが、月曜以降は軒並み雨予報になりました。来週は仕事の都合で、平日休みづらいんですよねえ。決勝見にいきたいけど、見にいけないかも。

 侍ジャパン社会人代表選手選考合宿

180315.jpg8月末におこなわれるアジア大会。この選考合宿メンバーに、本多裕哉投手が選ばれてます。
合宿は明日から日曜まで、JR東日本グラウンドにて。

第18回 アジア競技大会(野球)」侍ジャパン社会人代表選手選考合宿について
http://www.jaba.or.jp/taikai/2018/taikai_etc/18_ajia/18_ajia_g.pdf
参加選手
http://www.jaba.or.jp/taikai/2018/taikai_etc/18_ajia/18_ajia_g_m.pdf

 三菱横浜駅伝大会2018 -3-

駅伝大会、野球部OB編です。

180314-01.jpg野球部一の健脚だった高井一樹さん。
「最近はもう全然走ってないのでダメです」 と自信なさげ。ほどほどのあたりを走ってました。

福田芳幸さんは、栗林遙野選手と併走。

180314-02.jpg   180314-03.jpg   180314-04.jpg

細谷野球部長と、元野球部長の郡司さん。郡司さんは10年表彰ですとか。おめでとうございます。

180314-05.jpg   180314-06.jpg

野球部OB続々。

180314-07.jpg   180314-08.jpg   180314-09.jpg

180314-10.jpg   180314-11.jpg   180314-12.jpg

180314-13.jpg現役時代は高井さんといつもランニングトップを争っていた、小池裕貴さん。
チームとしての意気込みもあってか、今年も速いです。

180314-14.jpg   180314-15.jpg   180314-16.jpg

都市対抗でいつもお世話になる、応援団のおふたりを見つけました。今年も喜び合いたいですね。

180314-17.jpg   180314-18.jpg


180314-20.jpg駅伝大会終了後。
本館入って左手に、黄獅子旗が2本。野球部のメンバー表に目を留める方々の姿もありました。

正面の柱のところに、ラグビー部のメンバー表と、野球部・マラソン部を使ったMHPSのポスターが掲示されてました。

180314-21.jpg

良いボディコピーでしたので、紹介させてくださいね。

 硬式野球部の強さは、MHPSの強さです。
 互いを信じ、力を合わせ、叱咤し、励ましながら、
 ひとつの目標に向かっていく。
 火力発電を支える世界一の会社へ。
 MHPS。私たちは、ひとつになる強さを知っている。


マラソン部のほうのキャッチコピーも秀逸。
 一緒に燃えよう。一緒に世界一をめざそう。
会社の特徴とこの場面を、言葉がうまく繋いでますね。

 三菱横浜駅伝大会2018 -2-

180312-01.jpg昨日から神奈川新聞で 『今季の陣容』 掲載が始まりました。今年は顔写真なく、メンバー表と戦力分析だけ。

三菱日立パワーシステムズの見出しは 「破壊力抜群の打線」。打が先に来るなんて、初めてじゃなかろうか。昨年はドラマチックな逆転劇を堪能しましたが、今年は安定の先取点と盤石の投手陣で逃げ切ってほしいですねえ。
ENEOSさんは新人9名。また随分入れ替えてきましたね。

もうひとつ新聞の話題。昨日の駅伝後に、野球部とマラソン部の座談会が開かれたとか。
拠点は違えど同じ会社のスポーツ部同士、互いの活躍が刺激になると良いですよね。この様子は野球部インスタグラムにも載ってます。

三菱日立パワーシステムズ 野球とマラソン、勝利へ学び合う/神奈川 毎日新聞
https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20180312/ddl/k14/050/191000c


という話題を受けて、駅伝大会の閉会式を先にまいりましょう。

180312-03.jpg野球部長であり、人事総務部主席の細谷さんが、抽選で当選ナンバーを読みあげます。開会式前に受け付けた用紙の下2ケタ、下3ケタなど。あちこちで 「当たった!」 「当たった!」 という声が聞こえました。

180312-04.jpg今回は、MHPSマラソン部賞も。まずは木滑良主将が、抽選箱から1枚。

続いて井上大仁選手。さきほどの抽選は数字でしたが、今度はお名前を読みあげ。贈呈品は、サイン色紙とマラソン部グッズなどだそうです。

180312-05.jpg   180312-06.jpg

180312-07.jpg松村康平選手も同様に。小さな女の子が当選でした。

180312-08.jpg所内1位のMHPS-IDS選抜ドリームチームに優勝旗授与。歴代優勝チームの名がはためきます。

180312-09.jpg3位チームに賞状授与。おや、あの横顔は野球部OB・小池裕貴さんじゃないですか。所属チームは昨年2位、今年は3位。小池さんも相変わらずの速さで、チームに貢献されているようですね。

180312-02.jpg今年も司会進行は矢島崇さん。マラソン部の皆さんに本日のお礼と健闘を祈ったあと、「硬式野球部も来週から公式戦が始まります。応援よろしくお願いします」 と場内にしっかりアピールでした。

180312-10.jpg走らなかった選手は、もっぱら大会役員。道をコーンで仕切る矢島さんを手伝っているのは、本多裕哉投手。

180312-11.jpg誘導役の荒川一輝投手と、ウォーミングアップ中の八戸勝登選手。
矢野幸耶選手も、ゴール手前の角で誘導役だったそうです。

自転車に乗って、救護パトロール中の三小田章人投手。そしてすれ違ったあと、今のは園田崇人選手だったなと気づいた後ろ姿。途中で具合が悪くなった方はいないかと、場内を何周もされてました。

180312-12.jpg   180312-13.jpg

 三菱横浜駅伝大会2018 -1-

今日は三菱重工横浜・本牧工場で、恒例の所内駅伝大会。
東日本大震災への黙祷のあと、ケガのないよう準備体操です。

180311-01.jpg

180311-02.jpg今年は!なんと!MHPS長崎マラソン部がゲスト。しかも今をときめく井上大仁選手・松村康平選手・木滑良選手のお三方です。
躍進著しい長崎マラソン部。こういう交流もありなんですねえ。今日は伴走を務めてくださるそう。

これまでスタート地点を撮ったことはなかったけど、今年は見えるところまで行ってみようかな。参加202チームの1区走者がぎっしり、みっしり、スタートです。

180311-03.jpg


180311-04.jpgまず最初は木滑選手が伴走。左端・黄緑のビブス着用が木滑選手です。右のほうにいらっしゃるゼッケン1番、MHPSエンジドリームチームが今年も強し。1区区間賞だったそうです。

DON☆(松井一矢)☆神戸AC代表☆ Twitter
https://twitter.com/kazura555bw/status/972683958403047424

1区は2周とあって、野球部を起用するチームがけっこう多かったです。でもやはり2周目はきつそうでした。陸上と野球では使う筋肉も違いますもんね。

180311-05.jpg   180311-06.jpg   180311-07.jpg

180311-08.jpg   180311-09.jpg   180311-10.jpg

2区3区も木滑選手がトップに伴走。1区以降、ゼッケン1がトップをずっと維持。
ゼッケン1~20は昨年の順位だそうです。今年も1位なるか。

180311-11.jpg   180311-12.jpg

180311-13.jpg2区は女性・40歳以上の限定区間なので、現役野球部はいず。
3区は五十嵐大典選手のみ。

このあたりになると周回遅れのチームも出始めます。木滑選手があっというまに通り過ぎるのを見ては、あ、もう次の区間に入ったのかと思うばかり。

180311-14.jpg4区からは井上選手が伴走。
小柄な体で、飛ぶような走りです。美しい。

4区は、野球部3名。成田昌駿選手を撮りそこなうところでした。危ない危ない。

180311-15.jpg   180311-16.jpg   180311-17.jpg

180311-18.jpg白いゼッケンの5区。
ゼッケン1番の1位は揺るがず。

松田浩幸投手・冨里悠捕手が通り過ぎたところで、早くも6区トップが走ってきました。

180311-19.jpg   180311-20.jpg   180311-21.jpg

180311-22.jpgゼッケン9の冨里選手が4区の選手を抜こうとするその後ろから、6区トップが迫ってます。が、がんばれ冨里。

180311-23.jpg   180311-24.jpg   180311-25.jpg

そして6区アンカーへ。毎年この辺にいるのを知っている竹内啓人選手は、さすがのカメラ目線です。

180311-26.jpg   180311-27.jpg   180311-28.jpg

180311-29.jpg   180311-30.jpg   180311-31.jpg

180311-32.jpg走者もだいぶ少なくなってきたし、野球部ももう全員通り過ぎたのかなと思いつつ中央方向へ歩いていったら、小野寺颯人選手と遭遇。そうだった!まだ君がいた!

ガッツポーズを作りながら、さわやかに走っていきました。

 第6回ベイスターズカップ

三菱重工横浜OBの門西明彦さん・塩澤伸之さんが指導中の、都筑中央ボーイズ。
リーグの垣根を越えた対戦があると聞き、見にいってみたいなと思ってました。でも今週はちょっと体調を崩してしまったため、土日連続の外出はきつい。明日は家で休養しながら、ご健闘をお祈りします。

目指せ県の頂点 3月、中学硬式野球ベイスターズ杯 カナロコ
http://www.kanaloco.jp/article/305044
第6回DeNAベイスターズカップ 横浜DeNAベイスターズ
https://www.baystars.co.jp/region/denabaystarscup/2018/


日曜は本牧工場へ。昨年と同じ場所で、皆さまの勇姿をお待ちしてます。

 バントのインパクト

バント練習は、いつも正面や斜めから撮ってました。今年になって真横から撮ってみたら、ちょっとおもしろい絵になって。バットと当たった瞬間を押さえてみたいな、という思いに駆られました。

とりあえず動画回してみましたら、インパクトの瞬間はとらえられず。動画でそれなら連写で数打ったところであまり意味なし。その瞬間をねらって、1枚1枚丹念にシャッター切るしかないようです。

180307-01.jpgバットに当たった直後、土煙が尾を引いて。これはこれで好きですが、バットとボールの距離をもっと縮めたい。

シャッタースピードは自分の常用よりやや速め。それでもボールは多少ぶれてます。バットまであと数センチ。

180307-02.jpg 180307-03.jpg


180307-04.jpgボールがぶれていたほうがリアル感があって好きですけど、もうちょっとボールの形をはっきりさせてみようかと高速シャッタースピードで。
まだあと2センチくらい。

バットまであと数ミリ。ギリギリ惜しい。右はほぼ原寸です。シャッタースピードがもう少し遅ければ、バットに当たった瞬間になったかもしれません。

180307-05.jpg 180307-06.jpg

バットをキープする選手、引く選手、押す選手、球の勢いによってもいろいろです。
バットの裏側からなので、当たっているのかいないのか微妙。

180307-07.jpg 180307-08.jpg

これ、練習位置の関係で左打者しか撮れませんが。左の皆さま、また今度チャレンジさせてください。

 四国大会組合せ

四国大会の組み合わせが発表されました。
三菱日立パワーシステムズはBブロック。組み合わせは以下の通りです。

第47回JABA四国大会組合せ
http://www.jaba.or.jp/taikai/2018/jabataikai/pdf/shikoku.pdf
4/6(金) 9:00 沖縄電力-MHPS  春野球場
4/7(土)14:00 四国銀行-MHPS
4/8(日)14:00 MHPS-日本新薬

4/9(月)準決勝、決勝         高知市営球場


リーグ戦は全部春野球場って、何かのいじめですか(^^;
調べてみた限り、ものすごくアクセスが悪いんですよねー。バスが1日7・8本しかなく。行きはともかく、土日の帰りは試合終了から数時間待たないとバスがないかもしれない。高知駅-春野球場間は、タクシーだと片道3000円オーバーの模様。陸の孤島のような場所です。高知球場なら、繁華街から歩いていけるのに。

野球場 高知県立春野総合運動公園
http://kochi-haruno.org/faci/2.html


金曜から見たいとすれば前泊しないとダメですね。でも雨天順延なども見込むと、月火休暇取得のほうが安全かも。
土曜は始発で行けば高知に12時半に着きますが、バスは14時過ぎまでないのでタクシー必須。トヨタさんが第2試合だからそれも見たいとなると、また前夜岡山で一泊コースかなあ。
最後の最後の試合まで、予選勝ち抜けがどのチームになるか決まらなさそうな気もします。どこに宿を取ったらいいか、どういう行程にするか、悩みます。

 森脇マネの恩師来訪

昨日は風が吹き荒れて、土埃で顔は真っ黒になるし、花粉で目は痛い。
午後は横浜でおこなわれているCP+(カメラショー)を見にいくつもりでしたけど、練習後は早々に帰宅しました。とにかく風呂に入りたい。

180305-01.jpg昨日は、川崎北高校が練習見学に。森脇慶太マネージャーの高校時代の恩師・西野監督が、今はこちらで指導中だそう。
グラウンドに朝行ったら森脇マネが呼びに来てくれ、母校を決勝に導いた名将とご挨拶できて光栄でした。 森脇マネは高校の後輩なのです。

180305-02.jpg


三菱日立パワーシステムズ公式にも掲載されましたが、今年のスローガンは 「飛躍~更なる高みへ」 だそう。そのスローガンの前で、加速訓練中の龍幸之介選手と坂上真世コーチ。走れる4番をめざしての特訓は、まだまだ続きます。

180305-03.jpg


斉藤裕次郎コーチが外野手にノック。青空に高くボールが打ち上がるのは、見ていて気持ち良いです。

180305-04.jpg


180305-05.jpg投手11名。オープン戦も始まりました。今年の公式戦は、どんなローテーションでいくのでしょうか。

180305-06.jpg


180305-07.jpg捕手も相変わらず激戦区。
スローイング練習に余念のない佐々木玄捕手です。

180305-08.jpg最後までバットを振っていた江越海地選手。
今年も俊足に期待。

 九州の旅

品川←→名古屋・新大阪はぎっしり混んでいた新幹線車内。でもそれ以外はスカスカ。JR東海管内はやっぱりドル箱路線だなあ、JR西日本・九州がんばれと思いながらの陸路でした。

180304-01.jpg今回、九州新幹線に初めて乗りました。座席が2列2列で、ゆったりしていいですね。ドアやテーブルなどにも木がふんだんに使われていて、どことなくホッとします。

鹿児島中央駅からは、「指宿のたまて箱」 に乗って。ツートンカラー、2両編成のかわいい特急電車です。天気が良ければ桜島も見えるようですが、行きは残念ながら雨模様。どんよりとした空と海が見えただけでした。
後藤隆之監督なども長崎野球教室からの移動は陸路で、「たまて箱」 にも乗られたそうです。

180304-02.jpg   180304-03.jpg

到着初日は、途中で昼食を調達したけれど。球場付近には食事処もコンビニもなし。さて翌日以降はどうしたものかと思っていたら、森脇慶太マネからケータリングのお誘い。ありがたくご馳走になりました。

選手たちの食事場所は、ネット裏本部室の一角です。金曜は牛丼、土曜は親子丼、コロッケ付き。宿舎から来られた給仕の方に、「ごはん少なめで」 とお願いしてこのくらい。選手たちは 「盛り盛りで!」 と、食欲旺盛でした。

180304-04.jpg   180304-05.jpg

土曜日。職務のあと、食事に遅れてきた森脇マネ。「椎茸。椎茸残ってる?」 と鍋をのぞきこみ、「椎茸あったー!」 と嬉しそう。そんなに椎茸が好きだったのですね。知らなかった(笑)。

180304-06.jpg撮影で疲れたあとは、海を見ながらボーッと足湯。 ただやっぱりこの季節は外気温が低いためか、ぬるめでした。
大浴場は体感温度41度前後かな、ゆっくり浸かるのにいい温度でした。海の近くなので食塩泉。

180304-07.jpg朝食は、海を見ながらバイキング。お粥が選べるのが嬉しかったですねえ。
夕食は、揚げたての薩摩揚げがおいしかったなあ。

180304-08.jpg指宿の東端にある知林ヶ島。3月~10月は時間帯によっては道が出現し、歩いていけるのだとか。モンサンミッシェルみたいで、ロマンありますね。
少しだけでも行けないものかと、砂に足を取られながら見にいってみましたが、道の気配も見えず。

三菱日立パワーシステムズのキャンプは、2013年徳之島、2014年からは指宿で。
行ってみたいなと思いつつも、飛行機NGだったり陸路だと旅費が…で、二の足踏んでました。でも昨年、後藤監督からキャンプの様子をうかがっていたら、撮りたい心がフツフツと。弊社社長はかなりの人脈人望で、取締役たちに 「人たらし」 と言われておりますが、後藤監督も凄腕の人たらしです。才能です。

180304-09.jpg

朝は日の出を撮りたいし、一日中の撮影で体力使うので、夜更かしNG。温泉に何度か浸かりつつ早寝早起き、健康的な旅でした。とても楽しかったです。指宿でお目にかかったすべての皆さまに、ありがとうございました。
来年も都合が合えば行きたいな。

 指宿キャンプ

全員まんべんなくではありませんが、ランダムにベタ貼り。
彼らの生き生きした顔を見ていると、「魂が輝いてるなあ」 といつも思います。

180303-01.jpg

180303-02.jpg   180303-03.jpg   180303-04.jpg

180303-05.jpg   180303-06.jpg

180303-07.jpg   180303-08.jpg   180303-09.jpg

180303-10.jpg

180303-11.jpg   180303-12.jpg   180303-13.jpg

180303-14.jpg   180303-15.jpg

180303-16.jpg   180303-17.jpg   180303-18.jpg

180303-19.jpg

180303-20.jpg   180303-21.jpg   180303-22.jpg

180303-23.jpg   180303-24.jpg

180303-25.jpg

180303-26.jpg   180303-27.jpg   180303-28.jpg

180303-29.jpg   180303-30.jpg

180303-31.jpg

180303-32.jpg   180303-33.jpg   180303-34.jpg

180303-35.jpg

180303-36.jpg

180303-37.jpg   180303-38.jpg   180303-39.jpg

180303-40.jpg

180303-41.jpg   180303-42.jpg   180303-43.jpg

180303-44.jpg   180303-45.jpg

180303-47.jpg

180303-48.jpg   180303-49.jpg

180303-50.jpg   180303-51.jpg   180303-52.jpg

180303-53.jpg   180303-54.jpg

180303-55.jpg


おとといは春一番が吹いたとか。スギ花粉も本格的に飛びはじめましたねー。目がかゆいです。

 指宿/陸上競技場にて

球場と道を挟んだところにある陸上競技場では、周回をジョギングしたり、直線を全力で走ったり。

180302-01.jpg


180302-02.jpg田中宏章投手・松田浩幸投手・浜屋将太投手・本多裕哉投手の100メートル走。

180302-03.jpgタイムが奇数か偶数か、事前想定したほうで走れたらOK。
奇数を指定して、その通り走れた松田投手はガッツポーズ。

180302-04.jpg浜屋投手は 「偶数!」 →走る→ 「残念、奇数」 を何度か繰り返します。崩れ落ちる浜屋投手。

次はいいかげん奇数を選ぶかと思いきや、今度こそ 「偶数」 と浜屋投手。
「偶数になる確率どのくらい?」 と松田投手に問われた田中投手は、1/2×1/2×…の確率計算をササッと暗算。さすが国立愛媛大卒、社業でもエースになれそうです。

180302-05.jpgそしてようやく、高安健至コーチの読みあげた秒数は偶数。左端、破顔一笑の浜屋投手です。

これがこの日最後の1本。

180302-06.jpg


こちらはひとりでダッシュ中の龍幸之介選手。
鶴田祥平コーチの指示のもと、ジョギング中の甲斐翼投手と浜屋投手です。

180302-07.jpg   180302-08.jpg

 指宿/内野手たち

三菱日立パワーシステムズ野球部公式サイト、スケジュールなどが更新されました。
今日は神大とオープン戦。6-3で勝利したようです。

対.三菱日立パワーシステムズ 神奈川大学硬式野球部マネージャーブログ
https://ameblo.jp/ku-baseball/entry-12356777571.html


指宿キャンプの話題も終盤。今日は内野手を中心に。
通り雨の多い鹿児島県地方。全体の守備練習は、グラウンド状態が良くないとできません。
ゲッツー練習や、走者をおいてランダウンプレーなどなど。

180301-04.jpg

180301-05.jpg   180301-06.jpg

180301-07.jpg

皆が昼食中に、交代で特別メニュー。この日は坂上真世コーチによる、内野手3名の特守でした。

180301-08.jpg


180301-09.jpg三菱長崎OB・猿渡寛茂さんが熱血守備指導。
日ハム・ヤクルトで名選手を育てたサルさん。高校は三池工高で、あの原貢監督の指導を受けたとか。しかしサルさん在学中に、原監督は東海大相模に招聘されてしまったようです。

180301-10.jpg

ネットを相手に、ひたすらキャッチ&スローを繰り返す選手たち。

180301-21.jpg

180301-11.jpg   180301-12.jpg

180301-13.jpg

180301-14.jpg 180301-15.jpg 180301-16.jpg

180301-17.jpg 180301-18.jpg 180301-19.jpg

スローイングを意識しながらキャッチボールをしているのは、竹内啓人選手・久木田雄介選手・村山正誠選手。

180301-20.jpg

雨上がりのグラウンドで、ひとり黙々と斉藤コーチにノックを受ける鶴田翔士選手。

180301-22.jpg


180301-23.jpg練習も一段落。グラブを一生懸命磨いている、栗林遙野選手です。

愛情こめて道具の手入れ。大事ですよね。

 3月の誕生日

今月誕生日を迎える皆さまです。おめでとうございます。

180301-01.jpg
3/20 松田浩幸投手

180301-02.jpg
3/23 荒川一輝投手

180301-03.jpg
3/21 北里さとしさん
3/22 瀧優介さん
3/26 府川康二さん


 | HOME | 


TOTAL Pages 1