Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 MHPSの2017年を振り返る

結果よりも過程を見るのが好きです。
だから、長崎と横浜と新人たちがひとつになる様子がとても楽しかった1年でした。

長崎から15名が異動。新人も含めて45名、異例の大人数でのスタート。
ペッパーの時などいつもの広さじゃ足りなくて、一二塁間でおこなうメンバーも。

171230-01.jpg


171230-02.jpg2月のキャンプ中に、野球部後援会事務局がツイッターとインスタグラムを開設。
公式戦は出来る範囲で実況速報もおこなってくれ、やはり元野球部による実況は的確。松下さん・矢島さんが不在の時は、女性陣も頑張ってくれました。

長崎の選手たちは下半身がしっかりしていて、こりゃレギュラー軒並み持っていかれるなという感じでしたが。
ただ春先のオープン戦を見た時は、凡ミスも多く。横浜にしろ長崎にしろオールマイティーな選手は少なく、選手層の薄い同士が統合して人数だけが増えたところで、決して強くなるわけじゃないと思いました。

171230-03.jpgしかし県春季大会は、打線が粘って優勝。選手たちがひとつになろうとしている気持ちがものすごく伝わってきて、良いチームになりそうな予感。
このままいけば地方大会をはじめ、参加した大会全制覇するんじゃないかと思うくらいの期待感に変わりました。…そんなに甘くありませんでしたけど(笑)。

171230-04.jpg粘りといえば、4月の静岡大会パナソニック戦。1-8のコールド寸前を一気にひっくり返した終盤。どんな劣勢でも諦めない、最後まで何があるか分からない。今年いちばん印象に残った試合です。

日立大会は惜しくも準優勝。
東北大会では、久ーしぶりにOB大谷徹さんにもお目にかかることが出来ました。TDKさんのアシストもあって予選勝ち抜け、ベスト4。準決勝で対戦したJR東北・西村投手は、その後日本選手権で完全試合。良い投手でしたね。

171230-05.jpg都市対抗予選は、東芝・ENEOSを破り第一代表に。
とにかく昨年と違うのは、打線が頼もしいこと。少々先行を許してもきっと逆転してくれる、と思える打線になりました。

都市対抗は補強の若林晃弘選手も活躍してくれ、黒獅子旗を取るなら今年だ!と思うくらいの勢いがありました。「橋戸賞は対馬か若林か」 なんて、捕らぬ狸の皮算用で盛りあがるのも楽しかったです。が、残念ながらベスト4。
そして亀川裕之投手が10年連続表彰を受け、この大会をもって引退されました。

171230-06.jpg

雨天順延順延で、県交流戦は1日だけで閉幕。

日本選手権予選はあと1ストライクで勝利だったのに、そこからのサヨナラ負けはかなりショッキングでしたねえ。
九州予選は勝ち上がるのが大変ですけど、関東の一発勝負もやはり怖い。「来年は選手権対象大会で優勝を」 と改めて誓う後藤隆之監督でありました。

171230-07.jpg「フラットな目で見る」 と年初におっしゃった後藤監督でしたが、それは現時点だけを見る・過去の実績は関係ないということだったのでしょうか。名前だけでも各チームに嫌がられる亀川裕之投手などは、少々割を食った感も。「ここは亀川だろう」 と歯がゆく思った横浜ファンは多かったかと思います。
そこだけは残念でしたが、それ以外は後藤采配に文句なし。「野球は楽しいものだ」 というポリシーには大賛成。勉さんが監督を慕うのも納得です。

都市対抗での優勝は叶いませんでしたが。
結局、県春季優勝、日立準優勝、東北・都市対抗・伊勢大会がベスト4。統合してチーム内で牽制しあって低迷するチームも多い中、上々の成績を残してくれました。もともと横浜にも九州ゆかりの選手が多かったのも、うまく融合できた一因かもしれません。

しかし逆に、ひとつになろうとする新鮮な気持ちで突っ走ってきたが故に、チーム力としては今年がピークかもと思ったりもし。さらにドラフトで投手が何名か取られたら、来年は急速に戦力が落ちるんじゃないかと不安にも思いました。幸か不幸か、戦力減にはなりませんでしたけど。

171230-08.jpg今年は長崎から持ってきた練習用具やマシーンが加わり、内容も筋トレ重視になりました。練習中のバナナも、いつからか必須化。
つちかった体力と、さらに好成績をめざす思いで、来年こそは黒獅子旗を取りたいですね。本気で黒獅子旗をねらえるチームになったと思います。

去年の今頃は不安だらけでしたが。とても楽しい1年をありがとうございました!
皆さま、良い年をお迎えください。


統合されたあともずっと残っていた、三菱重工長崎野球部の公式サイト。時々のぞいてみてましたけど、サーバー契約が切れたのか11月頃に消滅してしまいました。
そして現在はそのURLに繋ごうとすると、「ウインドウズ7が壊れてます・修復が必要です」 というブラウザハイジャックにあったり、トロイの木馬をしこんだサイトに誘導されアンチウィルスソフトが盛大に反応したりします。ご注意下さい。


 メリークリスマス

クリスマスどころじゃなく、年賀状書きに追われております(^^;
今年もいっぱい楽しませてもらって、どの写真をチョイスしようか嬉しい悲鳴。

その中でもいちばん楽しかったのは、やっぱりこの日かな。第一代表を決めた試合。

171224.jpg

 神奈川県ベストナイン2017

171209-06.jpg県野球協会の納会が12/7におこなわれ、県ベストナインが表彰されました。
「ナイン」 のが野球っぽいけど、指名打者がいるので実際は 「テン」 ですよね。

神奈川新聞には昨日掲載、毎日新聞は今日。起きたら駅売りはもう完売の時間でしたので、1キロ先にある専売所までテクテクお散歩してきました。

県ベストナイン 7選手が初受賞 三菱日立から最多5人/神奈川 毎日新聞
https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20171209/ddl/k14/050/072000c

(一部抜粋) 今季は、三菱日立パワーシステムズと東芝が都市対抗野球大会で4強入り、東芝は社会人野球日本選手権大会でも8強に食い込んだ。ベストナインは、三菱日立が最多の5人を輩出。初受賞となる本多裕哉投手は「選ばれるとは思っていなかったので光栄です」とあいさつした。

2017年度ベストナイン◇
投手    本多裕哉(三菱日立(初))
捕手    猪又弘樹(JX(初))
一塁手  村山正誠(三菱日立(2))
二塁手  久保皓史(三菱日立(初))
三塁手  若林晃弘(JX(2))
遊撃手  鶴田翔士(三菱日立(初))
外野手  塩見泰隆(JX(初)) 小川裕生(東芝(初)) 佐藤旭(東芝(2))
指名打者 龍幸之介(三菱日立(初))
※敬称略、カッコ内数字は回数


今年はMHPSから5名受賞です。おめでとうございます。
都市対抗予選パンフの受賞一覧を見ると、2012年にENEOSから6名選ばれてる──と思いきや、指名打者の平田ブルーノ選手はENEOSではなく東芝の誤り。同一チームから5名選出は、2012年ENEOS・2013年東芝以来です。
若林晃弘選手は、昨年は二塁手、今年は三塁手で受賞。


171209-01.jpg本多裕哉投手は県春季大会のMVP。第一代表戦の勝利投手でもあります。
来年は、シーズン後半にも活躍したいですね。

村山正誠選手は、入社していちばん活躍したんじゃないかと思うシーズンでした。そして主将の任は下ろしたものの、皆を盛りたてていこうという姿勢がうかがえたのも良かったです。久保晧史選手は台湾遠征中のため、表彰に参加できず。向こうではショートを守ったりもしているようです。鶴田翔士選手は印象深い一打も多く、犠打もキチッと決めました。そのあたりが高打率にもつながったと思います。

171209-02.jpg 171209-03.jpg 171209-04.jpg

一塁手・二塁手・遊撃手が受賞。3選手とも、都市対抗予選では打率5割以上、守備でも貢献しました。来年は、三塁手がんばろう。

171209-05.jpg春夏の県大会は代打が主だった龍幸之介選手。都市対抗本大会以降は、新人ながら4番で活躍しました。
選考対象外かもしれませんけど、JR西日本戦のホームラン2本はかっこよかったです。


社会人ベストナインにも、二次選考あたりまで選手名があったMHPS。でも選手権には出場できませんでしたから、やはり難しく。来年は地方大会のタイトルを取り、2大大会に出場して、全国のほうにも名を連ねたいですね。

 今年最後の練習見学

九州は雪だとか。神奈川は最高気温15度のはずが、風が強くて体感気温は10度以下。すっかり冬です。寒いです。

今日は隣町の医療機関で健康診断。ついでに休暇取得して、野球部の午後練習を見にいってきました。ちなみに視力は、裸眼で0.1ありません(^^;

サード側のファウルグラウンドに坂上真世コーチ。芝の境目が、きれいにくっきり。このオフ手がけてきた整地も、残りわずかですね。お疲れさまです。
そのあとは、ひたすらノックバットを振るわれてました。

171205-01.jpg

ウォーミングアップの締めは、恒例の全員ダッシュ。二橋大地選手ら、1~2年目の選手たちが競いあってました。これ、いつ見ても楽しい。

171205-02.jpg

太陽が低く、逆光がまぶしい。影も長く伸びて、こんなところにも冬を感じますねえ。
アップ後は半数が筋トレに行ってしまうので、グラウンドはスカスカ。

171205-03.jpg

171205-04.jpgスローイング練習中の長井涼捕手。
その向こうでは、奥村政稔投手がマーカーコーン間をダッシュ中。

171205-05.jpg高安健至コーチにタイムを計ってもらいながら、何度か折り返して計400メートルくらいかな。それを8本ばかり。ナイスランでした。

171205-06.jpg荒川一輝投手は、サブグラウンドでひとり黙々とピッチング。

ワンバウンドを体で止める練習の、冨里悠捕手と平野智基捕手。しっかり止められることが、投手との信頼関係にもつながりますね。

171205-07.jpg   171205-08.jpg

斉藤裕次郎コーチに投げてもらってのバッティング練習は、二橋大地選手。必死感が伝わってくる振りでした。

171205-09.jpg

171205-11.jpg高安コーチにスローイングを見てもらう佐々木玄捕手。

秋の日はつるべ落とし。冬はなおさら。太陽がもう沈もうとしています。


171205-10.jpg

171205-12.jpg4時半頃には夕焼け空。
渋谷ロバート選手のフルスイング。もっと空一面が燃えるようだとシルエットがかっこいいんだけどな、と思いながらの1枚。人の目ではまだ見えても、カメラはもう限界です。

金沢Gへ行くのも、今年はこれでおしまい。
最後までグラウンドにいた高安コーチ・佐々木捕手と、「良いお年を」 と挨拶をかわして帰ってきました。

 師走です

三菱日立パワーシステムズ野球部は、試合日以外は平日午後練習と土曜練習が常ですが。この12月は、土曜もお休みですとか。連休なんて滅多にないことですね。

今年あと2回は練習見にいけるなと思っていたのですけど、そんなわけで土曜練習見学の機会はもうなく。じゃあ今週火曜は休暇取得予定なので、用事をさっさとすませて練習見にいこうかな。「良いお年を」 の季節です、早いもので。


アジアウインターリーグは8試合が終わり、社会人選抜は6勝1敗1分け。
久保晧史選手は11/30の試合で二塁打のあと左足首付近に死球くらって以来、出場してないのが心配です。骨折とかしてなければいいけど。 ※昨日の試合をご覧になった方から、コーチャースボックスにいたと教えていただきました。打撲だけですんだみたいですね。情報ありがとうございます。
本多裕哉投手は抑えで、4試合4イニング無失点。今週から大野享輔投手が合流ですが、本多投手は交代で帰ってきたりするのかな。
下記はここまでの選手成績です。

久保 皓史 1 亞洲冬季棒球聯盟
http://cpblwinter-elta.cdn.hinet.net/players/person.html?&player_id=N124&teamno=z70
本多 裕哉 15
http://cpblwinter-elta.cdn.hinet.net/players/person.html?&player_id=N109&teamno=z70

 ウインターリーグに合流

大野享輔投手は来週からですが、久保晧史選手は昨日の試合から台湾遠征に合流。
今日は2番セカンドでスタメン、7点目のタイムリー二塁打などで貢献しました。

11/29 https://www.facebook.com/jaba.or.jp/posts/1612008358887931
11/30 https://www.facebook.com/jaba.or.jp/posts/1613252912096809

JABA選抜 11-1 イースタン選抜
http://winter.cpbl.com.tw/games/play_by_play.html?&game_type=16&game_id=14&game_date=2017-11-30&pbyear=2017

 MHPS OB会-4-

紅白戦、後半です。

打席に立った平野智基選手。やおら、イチロー選手をまねた仕草。そしてバント。極めつけはヘッドスライディング。 「イチローはヘッスラしねーぞ」 とヤジられもしましたが。

171128-40.jpg  171128-41.jpg  171128-42.jpg

171128-43.jpgOBの皆さまには大ウケでした。拍手喝采。

171128-44.jpgレフト線審ではありません。ファウルエリアで守る平野選手です。なぜそこ。

皆に笑われても、しれっと涼しい顔の平野選手。こういうキャラだったのですね(笑)。

思いきりファウルを打ち上げたあとは、センターオーバー二塁打の大野享輔投手。しかし次打者の打球で塁を飛びだしたところを、ショート江越海地選手にタッチされアウト。

171128-45.jpg  171128-46.jpg  171128-47.jpg

171128-48.jpg  171128-49.jpg  171128-50.jpg

亀川裕之さんがマウンドへ。そして2死一塁で迎えるは佐々木勉さん。いやあ、豪華な対決でしたねえ。結果はライトフライでした。「肩が痛い」 と苦笑いの亀川さん。

171128-51.jpg  171128-52.jpg  171128-53.jpg

171128-54.jpgベンチの後輩たちとタッチです。
亀さんも勉さんも、長い間お疲れさまでした。

171128-55.jpg  171128-56.jpg  171128-57.jpg

171128-58.jpg  171128-59.jpg  171128-60.jpg

昨年引退された高田一仁さん。なかなかストライクが入らず、打者に当ててしまい 「ゴメン」。

171128-61.jpg  171128-62.jpg  171128-63.jpg

大阪ドームでの一発を思い出すような、森脇慶太マネージャーのホームラン。ガッツポーズで塁を回り、郡司さんをはじめとする一塁側OB諸氏とタッチです。

171128-64.jpg  171128-65.jpg

171128-66.jpg

高田さんとタッチ交代で、塩見泰史選手がマウンドへ。しかしこちらも甲斐翼投手にデッドボール。

171128-67.jpg  171128-68.jpg  171128-69.jpg

171128-70.jpg

元阪神の外野手、中野佐資さん。交通事故のリハビリ中のため、今回は見学。肩の内視鏡手術をされたそうです。

171128-71.jpg  171128-72.jpg  171128-73.jpg

クラブチーム時代の監督・望山一生さん。「このチームは望山さんだから続いている」 と、地元新聞社からもお墨付き。苦難の時代をのりきった功労者です。
サードで全国ベストナイン受賞。チーム初、三菱重工では2人目だとか。

171128-74.jpg

試合は、5-2で一塁側の勝利でした。

171128-75.jpg

前へ << | HOME | 


TOTAL Pages 25