Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱重工Eastが好きです。

 三菱パワー2020引退選手 -3-

外野手たちです。

210124-01.jpg#13 常道翔太選手
主将を務めていた常道選手がまさか、という感じです。しかも彼の肩は貴重な戦力なのに。一昨年のENEOS戦でのみごとなバックホームは記憶に新しいところです。


210124-02.jpg最初のうちは打球を後ろにそらすポカも多かったですが、近年は本当に頼りになるライトでした。
東海大から4番候補として入社。ただ当たるとドでかい一発も多かったけど、見逃し三振も多かった印象。打率は低めかも。
長崎と統合しての静岡大会、パナソニック戦で7点差をひっくり返した攻撃は常道選手のヒットからでした。あれは印象深い試合でしたね。


210124-03.jpg#44 河野凌太選手
九州人らしい、野武士のような雰囲気が漂う河野選手。必殺仕事人という感じ。寮の手前で寝ていたなんて、豪放磊落なエピソードもお持ちです。


210124-04.jpg多分長崎のままだったら、不動の4番として今頃活躍されていたのでは。
また2020年は龍選手と4番を切磋琢磨するはずでしたが、コロナ禍で思うように試合が出来なかったのも祟りましたね。猫の目打線で、真価を発揮できないまま終わってしまったように思います。


210124-05.jpg#50 加治前竜一選手
読売から長崎に入社。元プロ野球選手とはいえ、偉ぶらずチームに溶けこもうとする姿勢で、選手たちから慕われました。加治前選手がヒットを打つと、ベンチがものすごく盛り上がるんですよね。

210124-06.jpgコーチ兼任の年もありましたが、2020年は選手に専念。最後の一花を咲かせたかったのに、コロナ禍で試合数激減。オープン戦も満足に出来ない状態なのは残念でした。

日刊スポーツによれば社業専念とのこと。昨年の記事を改めて。

三菱パワー・加治前が引退 08年巨人で史上初快挙 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011100000923.html


三菱重工系4チームで50名引退──。どの選手にしても昨年は不完全燃焼で、不本意な引退だと思いますけれども。すべての皆さまに、お疲れさまでした!


210124-07.jpg以上11名の他、#32佐々木玄選手がマネージャーに。
出場機会を求めて外野手コンバートや、捕手との二足のわらじと模索してきましたが、横浜国大出身の頭脳と調整力を買われたかな、マネ転身となりました。

210124-08.jpgマネージャー初仕事は、三菱重工スポーツチャレンジYouTube出演かも。Westのユニフォームで遠投しているのが玄さんです。

これからもよろしくお願いします。

 三菱パワー2020引退選手 -2-

内野手にまいりましょう。

210123-02.jpg#0 栗林遥野選手
内野のユーティリティプレーヤーです。スローイングにちょっと癖があるので、ショート・サードよりはセカンドのほうが安心して見ていられました。

210123-01.jpg日体大時代から守備範囲の広さには定評があったようです。最近はセカンド守備で、ファーストが抜かれた打球に追いついて一塁アウトにすることもしばしば。
長崎との統合時には、日体大同期だった平野捕手とともにチームのまとめ役を務めました。


210123-03.jpg#3 竹内啓人選手
お兄さんも明治安田生命野球部。ご両親とは地方大会でもよくお目にかかり、兄弟それぞれの応援に忙しそうでした。
明治大から入社当初はファースト。最初の頃はホームランもよく打ってましたが、チーム事情でサードにコンバートされると、守備に気を遣うせいか打率が落ちた気がします。サード守備もけっこう不安。故障との戦いもありましたね。

210123-04.jpg長崎からサード久木田選手が異動してきたこともあり、近年はまたファーストに。一昨年のENEOS戦では好守備連発で、水を得た魚でした。


210123-05.jpg#10 鶴田翔士選手
「九州のイチロー」 と呼ばれていたという鶴田選手。長崎から異動当初、ダイビングキャッチや満塁ホームランなどの派手なプレーを見せてくれ、こんないいショートを知らずにいて損した!と思わされたものでした。
都市対抗予選でも起死回生の一発など、横浜ファンの心を鷲づかみにしました。


210123-06.jpg──が、その秋。日本選手権予選前日に腰を痛めてしまい欠場。翌年からは腰をかばうせいか、守備範囲が狭まり。

練習を見ていると、惚れ惚れするボールさばきなんですけどねえ。セカンドに回ったり、控えに甘んじることも増えました。
母校から指導者としての打診もあるとかないとか。


210123-07.jpg#36 成田昌駿選手
中央学院大時代は、全日本大学野球選手権記念大会で準優勝という華やかな経歴。いずれはショートのレギュラーにと嘱望されての入社だったと思うのですが、その年いきなり長崎との統合でポジション争い激化。
ケガで出遅れたのも響きましたかねえ。

210123-08.jpg長野大会ではサヨナラヒット。
走攻守どれも平均点よりは上だったと思いますが、突出した売りがない感じ。それでもマジメにコツコツ努力していればいつかは報われるかも…でしたが。早すぎますよね。

 三菱パワー2020引退選手 -1-

前回統合の例からいって、いろいろ発表されて良い時期だと思うのですが。もう三菱パワーwebサイトのほうは更新されず、Eastのオープン待ちなのかな。

スポーツ報知も削除されないようですし、これはこれで新メンバーは公表されたものとして背番号の話題などにも触れたいところですけど。それよりも先に、まずは引退された選手をねぎらいたいと思います。伊藤投手はともかく、中堅どころとしてまだまだチームを引っ張って欲しい選手ばかり。統合がつくづく残念です。

投手陣からまいりましょう。

210122-01.jpg#11 伊藤優輔投手
読売4位指名。浜屋将太投手が西武入りしたあと、ドラフト候補として名前は挙がっていましたが、本当にプロへ行くとは思っていませんでした。あまりに四球が多すぎて(笑)。大学時代にも四死球2ケタ出しながら完投なんてこともあったようで、それが持ち味と言えば持ち味なのでしょうけど。

210122-02.jpgあとはプロでの修正を期待して、クレバーな投球を見せていただきたいと思います。14日から新人合同自主トレ中。

※キャンプは一軍スタート。24日はブルペン入りしたそうで、例のサインのことも記事になってます。

巨人4位伊藤優輔、大投手へ初の“戦国武将”サイン 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202101230000448.html


210122-03.jpg#15 本多裕哉投手
長崎から異動されてきた時は社会人2年目。長身のサイドスロー。奥村政稔投手と2人、すぐにもプロへ行っちゃいそうな勢いがありました。

210122-04.jpgしかしその年ドラフト指名が見送られると、翌年以降はイマイチ精彩を欠き。異動1年目が出来すぎだった説もありますけど、またそのうちにどこかで化けてほしいなと思い続けておりました。
統合がなければ、三菱長崎でエースになっていたのではないかな。


210122-05.jpg#20 松田浩幸投手
大学の恩師は、元日産の久保監督。
入社した時は上半身・下半身のアンバランスが目立ってましたが、長崎と統合後に筋トレなどでそれが解消されると、投球もグンと安定感が増しました。伊勢大会などで好投し、今後のさらなる活躍が期待されました。

210122-06.jpgしかしケガで一旦戦列を離れてしまうと、頭数の多い投手陣の中で浮上するのがなかなか大変。中継ぎ・ワンポイントでの起用が多くなりましたが、あまりピリッとした結果を出せずでした。


210122-07.jpg#47 三小田章人投手
長崎から異動されて、先発・中継ぎ・抑えに起用。わりと好不調の差が大きかったですが、抑えが一番頼りになった気がします。
故障で投げられない時期も多く、今年こそ今年こそでしたが、完全燃焼したとは言えないでしょうねえ。

210122-08.jpg公式戦登板がなかったのに、東芝に補強されたのには驚きました。そして、そのユニフォーム姿が最後のマウンドになるなんて思ってもみませんでした。

本多投手・三小田投手の引退で、長崎から来られた投手はゼロに。とはいえ、旧横浜も大野投手ひとりを残すのみです。

 三菱重工Eastが始動

今日から練習開始ということで、マスコミが多数来られたようです。年明け初日に取材なんて、もしかしたら初めてじゃないかなあ。注目度高いですね。
重複する内容も多々でしたので、主な記事だけリンク。明日は毎日新聞等にも載るかも?
スポーツ報知には背番号と選手一覧が掲載されてますが、前回スポニチ記事のように削除される可能性あり。

三菱重工4チームを再編した三菱重工Eastが始動 
ロッテ・安田の兄・亮太ら所属36選手リスト
 スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20210111-OHT1T50089.html
三菱重工4チームを再編した三菱重工Eastが始動 
1年目の目標は「都市対抗と日本選手権制覇」

https://hochi.news/articles/20210111-OHT1T50085.html

三菱重工Eastが始動、阪神・江越弟が“暫定キャプテン”就任 デイリースポーツ
https://www.daily.co.jp/baseball/2021/01/11/0013998478.shtml
新生三菱重工East「燃える闘魂」ユニ一新で始動 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202101110000292.html

見学NGということで見に行けませんでしたが、全員ロングパンツなのでしょうか。ストッキング見せたほうが、社会人らしくてかっこいいと思うんだけどな。

 『POWER』No.03

210109-01.jpg当後援会としての最終号になります
三菱重工横浜時代の昭和53年3月に第1号発行、その後連綿と続いてきた後援会報 『球宴』。次回は30ページの盛りだくさんと聞いた時、それって集大成なのかなとも思ったのですが、寂しい予想が当たってしまいました。

都市対抗予選レポートや長崎・横浜の歴史、歴代ユニフォーム、監督・新人・若手選手インタビューなどなど。新人たちのスーツ姿がとてもさわやか。近代のマネージャー対談写真では、松下安男さんが偉そうです(笑)。港の見える会議室、いいなあ。

YouTube連動企画は全選手メッセージもさることながら、会社の方々や応援団・野球部OBのメッセージも個人的に楽しかったです。長崎OBの皆さんもいい味出してました。


ところで、今号作成にあたり 「座談会やるから来ない?」 とお誘いをいただきまして。田中強志理事や高橋保さん・松下さんたちと、野球部の歴史について語れという趣旨らしく。皆の話を聞いてるだけでも面白そうです。「行く」 と即答。

210109-02.jpgそして当日。金沢Gクラブハウスにて。
事務局の斉藤裕次郎さんや、いつも地方大会でツイッター速報頑張ってくれていた青山さんなどの立ち会いのもと、長崎の歴史を語る皆さんが先に座談会。後藤隆之監督もメンバーです。

210109-03.jpgその時にいただいた誌面割り付け。
おお、こんな感じの30ページになるのね、今日のは 「軌跡年表」 って企画で使われるのかな。まあ強志さんがいろいろ喋ってくれるだろうから、隅でうなずいてればいいやと思いつつ、内容を読み進むと。

210109-04.jpg──え? ちょっと待って。
「ファン紹介(佐藤様)」 って、これ何ですか。まさか自分のことですか。
聞いてないんですけどー(汗)。

思いきり戸惑いつつも、長年のご恩ある後援会依頼では断れぬ。もしかしたら最終号になるのかもしれないし、そこに載せようと思ってくれたなんてこの上ない光栄だよねと、自分を納得させました。

で、横浜座談会はやはり強志さんの独擅場となり、そのあと自分と、「立役者たち」 で保さんのインタビュー。興味あったのでそちらにも同席させてもらいました。
外部のインタビュアーさんだったのですが、保さんを野球部のグラウンドキーパーと思っていたようで、最初はなんとなく話が噛みあわず。なので、保さんはチームのお父さんみたいな人ですよ、と横から説明したりして。

210109-05.jpgできあがった誌面はこんな感じ。若干ニュアンスの違いはあるけれど、過不足なくまとめていただいたと思います。ありがとうございます。
ちなみに写真は別の日に。その日撮ると知ってれば、もっと派手目の三菱パワーマスクで行ったのになー(笑)。

後援会解散かあ…。本社が後援会総本山としても、横浜・神戸高砂にもそれぞれ後援会支局を置いても良さそうに思いますけどねえ。
事務局の皆さまには一旦お疲れさまでした。ありがとうございました。また都市対抗予選などでお目にかかりたいと思います。

 野球部後援会も移行

210108.jpg三菱パワー野球部後援会報が届きました。ありがとうございます。
今回の表紙は伊藤優輔投手。

同封の用紙に残念なお知らせが。
野球部の管轄が本社に移ると聞いて懸念していた通り、後援会も本社管轄になる模様。マラソン部後援会は長崎のままなので、野球部のほうもそのまま横浜に残してもらえたらいいなと思っていたのですが、東西統一後援会が4月発足だそう。

それに伴い、従来後援会は解散とのこと。一緒に机を並べてる方たちが作ってる後援会だからこそ良かったのになあ。チームのために応援を盛り上げようといろいろ頑張ってくれたり、グッズなども一番充実していたと思います。その気持ちが新後援会にどこまで引き継がれるでしょうか。

 伊藤投手が入寮

今日はまた一段と寒いですねー。
母校OB書道家に作成してもらったサインを携えて、伊藤優輔投手が読売ジャイアンツ寮に入られたそうです。

しかしどのスポーツ紙サイトを見ても、その画像がない。ええい、額を見せんかい!!と思ったら、日刊スポーツによればリモート取材だそう。うーん、そんなところにも新型コロナの影響があるのですねえ。

巨人ドラ4伊藤優輔が書道家の龍玄氏のサイン持参
都立や公立の選手に「勇気を与えるプレーを」
 スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/01/07/kiji/20210107s00001173288000c.html
巨人4位伊藤優輔が入寮「1年間1軍に居続ける」 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202101070000339.html


首都圏1都3県対象に、明日から2/7まで緊急事態宣言発令だそう。昨年4月の発令はかなりのことが自粛自粛でしたけど、今回は夜間の会食等にピンポイントな感じかな。
Eastは来週練習開始と聞きましたが、元気にスタートしたいものですね。

前へ << | HOME | 


TOTAL Pages 510